芸能

“男性としての能力”がない?小室哲哉がつぶやいていた孤独な人生に同情論が!

 週刊文春に、看護師との不貞疑惑を報じられたことについての釈明と引退を表明した、1月19日の小室哲哉の記者会見。会見のきっかけとなった“文春砲”の賛否や是非についても、話題を呼ぶ形になったが、別の観点で、身につまされたという男性も多いという。特に「普通の男性としての能力というのがなくて…」という発言は衝撃的で、還暦を目の前にした中年男性からは悲壮感漂うコメントが相次いでいる。

「中年期に入ると今までできていたことができなくなる。今後の人生についても考える時期で、些細なことで落ち込むことがあります。そんな時期に小室さんは難聴やC型肝炎を患い、一人で立ち向かわないといけなかった。独身の自分としてはいろいろと考えさせられました」(自営業/50代)

 小室のメンタルを心配する声も少なくないが、昨年の小室のツイッターに、すでにSOSは出ていたようだ。例えば昨年10月には〈すこし自分、寂しそう。たくさん、笑いたいときもある。家から歌声が消えて6年かあ。毎日、一喜一憂の人生。みんなも、きっと同じ。夢のかけら、落とさぬ様に〉とツイートしているが、落ち込む自分を必死に叱咤激励しているように見える。

 また、昨年の8月は〈日にちが変わって、桂子の誕生日になりました。桂子がKEIKOの気分がなるのは月3日ほどですが、チャンスを逃さず意欲日として有効に活用できたらと〉とKEIKOの深刻な病状も匂わせている。この「意欲日」というのが、小室自身の何らかの“意欲”も示しているようにも思われるが…。

「小室さんには仕事もあって仲間もいる。でも親身になって寄り添ってくれる家族はいなかった。孤独だったと思います。小室さんが献身的にKEIKOさんを看病していたことを知っているだけに、今回の“不貞疑惑”をどうしても責めることはできません」(女性週刊誌記者)

 小室のような成功者でも人生、何があるかわからない。せめてKEIKOの回復を祈るばかりだ。

(笠松和美)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故