芸能

小泉今日子、“芸能界のドンの庇護”が消えるまでの「自分流」36年!

 女優の小泉今日子がデビューから36年間所属していた事務所から独立したのは2月1日。同時に、交際を報じられてきた俳優の豊原功補との不貞関係を明らかにした。みずから不貞をバラすという芸能史上、前代未聞の告白であったが、「芸能界のドン」として名高い前所属事務所「バーニングプロダクション」の社長はこれまで、そんな小泉の自由奔放な活動を半ば黙認してきた。業界では“バーニングにおいて小泉は別格”とまで言われていたのである。

 デビュー当時から1983年2月リリースのシングル4枚目までは、歌手・松田聖子の髪形を模していたが、同年5月の「まっ赤な女の子」では、髪をバッサリ切ってショートカットに。しかも、事務所には内緒だったためスタッフは怒り心頭に発していましたが、ただ、このイメチェンがきっかけでブレイクしたため、以後、小泉のイメージ作りは、本人任せになったという。

「20代の頃は、寝る間も惜しんで夜遊びに興じていた時期もあった。それでも社長は小泉のやりたいようにさせ、スキャンダルになりそうな事案は、芸能界に行使してきた絶大な“実力”でもって、表ざたにならないように、潰してきたんです」(芸能記者)

 ところが、事務所を離れた今「その庇護は消えた」と、芸能記者はこう指摘する。

「バーニングの社長は『もう、勝手にさせておく』と芸能記者に話しています。つまり“忖度”は必要ないというメッセージでしょう。小泉は、これまでの人気は、自分の魅力と勘違いしていますが、彼女のイメージを守るために、どれだけ事務所が配慮してきたか知らないんですかね。自分なら“小泉流”で許されると思っているのは大きな間違いですよ」

“豊原の家族に対する慮りに欠ける”との非難が殺到している小泉。今回ばかりは“小泉流”は通用しないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
2
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
森七菜、髪型イメチェンで「完全に広瀬すず化!」ファンがザワザワ
5
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?