芸能

黒歴史か伝説か?少年ジャンプに安達祐実がグラビア登場の真相

 2月10日発売の「週刊少年ジャンプ11号」が約4年ぶりにタレントのグラビアを掲載し話題になっている。ますだおかだ・岡田圭右の娘である岡田結実のグラビアだ。

「少年ジャンプは少年マガジンや少年サンデーと違い、タレントのグラビアをほとんどやりません。今回も漫画のキャラクターに扮するコラボグラビアで、いわゆるグラビアとは少し違います。4年前のグラビアもジャンプとコラボしたテレビ番組『特捜警察ジャンポリス』(テレビ東京系)の企画で足立梨花と生駒里奈がキャラに扮したもの。これも一般的な意味でのグラビアとはちょっと違いますね」(漫画誌編集者)

 そんな少年ジャンプだが、1996年の3・4合併号に本格的なグラビアを掲載し、読者を驚かせたことがある。当時、人気絶頂だった安達祐実が出演した。

「急な方針変更に編集部からも驚きの声が上がり、賛否両論あったと聞きました。なぜそこまでしてグラビアをやったのか?当時のジャンプは『ドラゴンボール』や『幽遊白書』など人気漫画が次々と終了し、部数を落としていました。また『スラムダンク』が終わることが決まっていて、売り上げが下がるのは確実。そこで何とか部数をキープしようと始めたんです」(前出・漫画誌編集者)

 次の5・6合併号では内田有紀、11号では安室奈美恵のグラビアを掲載している。だが、定番企画になることはなく、その後ひっそりと姿を消した。

「ジャンプは『アンケート至上主義』だと言われています。グラビアをやらなくなったということは、アンケートがよくなったということ。簡単に言えば人気がなかったんです。しかも制作費が高かったので『割に合わない』という判断がされたそうです」(前出・漫画誌編集者)

 やはりジャンプは漫画で勝負するという伝統は今も続いているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
2
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ