芸能

安達祐実の「ツインテール」「幼児言葉」投入も「海月姫」が“瀕死”!

 2月12日放送の「海月姫」(フジテレビ系)第5話の視聴率が、5.3%と大幅ダウンしたことがわかった。鳴り物入りで始まったこのドラマは初回から“月9”ワースト2位の8.6%を記録。第2話以降、6.9%、5.9%、7.5%と推移していた。少々盛り返していただけに、今回の大爆死は、平昌五輪でメダルを獲得したスピードスケート女子1500メートルの高木美帆、ノルディックスキー・ジャンプ女子ノーマルヒルの高梨沙羅らの中継と時間帯が重なったことも大きく影響したようだ。

 一方、この第5話には“芸歴34年”の安達祐実が「縦ロールのツインテール」に「幼児言葉」を話すキャラで登場、世界中にファンを持つ「ブライス」人形オタクの「ノムさん」を好演した。ちなみに、この人形は、頭部の後ろにあるヒモを引くと目の色が変わることや、体に比べ頭部が極端に大きく、カスタマイズすると全然違うオリジナル人形へと変貌させ楽しめることから、世界中に「オリジナル・ブライス」を所持するファンがいるという。

「安達はブライス人形専用のオリジナルドレス職人という設定でこの人形にインスパイアされた衣装で登場。しかも『~でしゅ』と幼児言葉で話し、視聴者の目をクギ付けにしていたようですね。とはいえ、第5回は、本来、内田理央演じる三国志オタクの『まやや』が、実はモデル並みのスタイルと美貌の持ち主だったことが判明するシーンこそが視聴者の見どころだったはず。もともと安達は次回第6話に登場するという噂もあり、登場回が繰り上がったのは、内田の変貌シーンだけでは絶対五輪に勝てないだろうとの判断もあったのかも…。それでもやはり厳しい数字でしたね」(他局ドラマ制作スタッフ)

 ともあれ、次の第6話放送日は五輪のスピードスケート男子500m決勝やジャンプ男子ラージヒル団体などと時間帯が重なる「海月姫」。“苦境”の中、はたして今回の安達登場がカンフル剤となって、どこまで盛り返していけるか注目したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
4
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)