芸能

オードリー春日、ラジオ番組スタッフから「ザコ呼ばわり」に納得した夜!

 3月2日にラジオ特番「オードリー春日俊彰のオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)がオンエアされた。同番組は、1月21日開催のイベント「ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.6〈DAY2〉」で、特番出演をかけてハリセンビーチフラッグで競った結果、春日が優勝。みごと単独出演を勝ち取った2時間のご褒美特番だ。

 同局で「オードリーのオールナイトニッポン」を続けて8年。相方の若林正恭が隣にいないのは、初のこと。緊張感ありありでスタートしたが、実は大きな番狂わせがあって春日も大いに動揺していたらしい。言うなれば、初めて知った衝撃の新事実にがく然としたようなのだ。リスナーにこう報告している。

「今日もね、いつもの感じで座ってるブースに近い席に座ろうとしたらね、ディレクターさんが『いやいや、違います。今日は違います。いつも若林さんが座ってるほうの席です』って。『席の違いなんかあるの?自分がいつも座ってる席のほうが、景色も同じだし、やりやすいからいいんだけどな』て言ったら、『いやいや、基本的にはメインの人がこっちの席になってますんで』って言われて。『8年半、じゃあ私はメインじゃないという扱いでやってたのか?』って言ったら、『そうなりますね。だから、メインの人とサブ、サブっていうかザコの席です』って言われて。『なんだ?ザコって言い方』って。『三四郎で言ったら、相田さんが座ってる席です』『確かにザコだな、それは』って。全然そんなこと知らなくて。今日は、メインの席に座ってやってるわけですよ」

 世間ではオードリーといえば、押しが強くて出たがりな春日がメイン。若林は「じゃないほう」と呼ばれてきたが、これはどういうことなのか。

「確かにボディービル、フィンスイミング、エアロビクスに挑戦、立派な成績を残すなど、春日の方が活動は派手。ですが、ネタ作りはツッコミの若林がメインで、コンビの頭脳は春日ではない、ということだと思います。ラジオでの進行も実は、聞き役の若林がいて成り立つ。スタッフの指示をガラス越しに確認、瞬時に対応するのに適任なのは、脱線させたがる春日より若林なんでしょう」(芸能ライター)

 この日の放送では「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演した際の、春日史上一番スベってしまった自虐話を披露するなど、“落ち込みネタ”が目立った春日だった。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”