帯津良一

社会

医師・帯津良一の健康放談「“ハマラメ”から始まる老化を遅らせましょう」(2)

気功を続けてきて実感していることがあります。それは、気功などの呼吸法は、長期間続けないと効果を発揮しない、という事実です。1~2年程度で体質ががらりと変わる、というものではないのです。始めたとしても即結果を求めて焦ってはいけません。即効性を…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「“ハマラメ”から始まる老化を遅らせましょう」(1)

男性の体が老化する順番を、俗に「ハマラメ」などと言います。まず歯(ハ)がダメになり、マラ(下半身)がダメになり、目(メ)がダメになる順番を表している言葉です。「そうじゃない、ハメマラ」だという人もいるわけですが、「歯」と「目」と「性機能」は…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「足腰を鍛える運動は“てきと~”でいいのです」(2)

健康診断の結果に振り回されずに生き生きと生き、自分が健康であると実感するために、足腰だけは鍛えておきましょう。最近は90歳でもかくしゃくとしている人が増えてきています。それでも彼らは一様に、「足腰が弱りましたなぁ」と言います。ボケてもいない…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「足腰を鍛える運動は“てきと~”でいいのです」(1)

健康診断の結果を「健康」の判断基準にする人は多いことでしょう。中には「健康診断を受けているから大丈夫だ」と、あたかも健康診断が健康法のようになっている人もいます。確かに健康診断は予防医学として意義のあることですが、過信してはいけません。なぜ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「メタボ健診の罪は大きいと言わざるをえません」(2)

私は自分の病院に来る患者さんに、コレステロール値を下げる薬を出したことがありません。300mg/dl未満なら、「ライフスタイルを改善すれば下がります」と指導しています。この程度の数値であれば摂取カロリーを少し制限し、よく運動をすれば問題ない…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「メタボ健診の罪は大きいと言わざるをえません」(1)

中高年男性の2人に1人がメタボリックシンドローム(以下、メタボ)予備軍と言われています。そのため、肥満は健康の大敵と考える人は少なくありません。メタボになると心臓病や脳卒中、糖尿病にかかるリスクが高くなるからです。確かに、病気を未然に防ぐた…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「2合の晩酌を1合にする人生は楽しいですか?」(2)

実は、血圧や総コレステロール、中性脂肪、BMI(肥満度)は、メタボの基準とされる数値よりも少し高めのほうが長生きする、という報告が、複数の医療関係者から提出されています。数値で表すと次のとおりになります。●総コレステロール 240~250m…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「2合の晩酌を1合にする人生は楽しいですか?」(1)

「毎日呑んで二日酔いにならないんですか?」酒を欠かさない私はよく聞かれます。もちろん経験はありますよ、東大病院の医局長時代に。診療は別の医者に任せて、医局長は1日の多くを医局で過ごします。しかし、仕事の範囲は多岐にわたり「外科医が1人欲しい…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「志半ばなら“あの世”で続けるだけですよ」(2)

晩酌は365日欠かしませんが、平日は必ず18時半から始めます。毎日18時半になったらビールの前に座らないと、機嫌が悪くなっちゃう。当然です、私にとって酒は胸をときめかせてくれるものの一つで、「攻めの養生」の中でいちばん重要なのが「ときめき」…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「志半ばなら“あの世”で続けるだけですよ」(1)

自分の主治医から、「集中治療室から帰れないかもしれない」そう告げられた知人は、私を呼びました。死の間際でもニコニコとしている彼は私にこう告げました。「運営しているNPOが軌道に乗りだしているのに、自分がいなくなるとダメになってしまいます。後…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「他人の顔色を見て生きる方がよいのです」(2)

人間はミスを犯していいし、ミスを恐れてはいけない。謙虚な気持ちを持っていないと、そういう現実を見逃してしまいます。初々しい謙虚な気持ちを常に持ち続けていくことが、いい生き方を実現させ、いい「死」に向かっていくということなのです。西洋医学では…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「他人の顔色を見て生きる方がよいのです」(1)

私自身が実践し、患者さんにもお教えしている「攻めの養生」とは、常に自分を向上させていくことです。「向上させる」と聞くと何やら人格を向上させるなどという話に聞こえるかもしれませんが、そうではありません。それは生命のエネルギーを高め続けるという…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「“死”について明るく考えましょう」(2)

なぜ? 今日は初鰹で1杯呑むんだとワクワクしながら戸に手をかけた瞬間に、ドーンとひっくり返る(笑)。これが、私がイメージするラストシーンの中の1つです。ラストシーンのイメージを、何種類か用意しておいたほうがいい理由は「死」がどこで訪れるかわ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「“死”について明るく考えましょう」(1)

「死」は生物にとって切り離せない宿命です。逃れられないからこそ、誰もがいい「死」を迎えたいと望むのではないでしょうか。では、いい「死」とは何なのか。その答えを私に教えてくれたのが、仏教学者の鎌田茂雄先生です。ある対談でお会いしたとき、鎌田先…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |