社会

医師・帯津良一の健康放談「メタボ健診の罪は大きいと言わざるをえません」(2)

20150219aa2nd

 私は自分の病院に来る患者さんに、コレステロール値を下げる薬を出したことがありません。

 300mg/dl未満なら、「ライフスタイルを改善すれば下がります」と指導しています。この程度の数値であれば摂取カロリーを少し制限し、よく運動をすれば問題ないと考えているからです。

 ただし、300mg/dlを超えると患者さんの体調も絶好調というわけにいきません。その場合は、私ではなく、内科の先生に薬の処方の判断を委ねます。

 私が300mg/dl以下の患者さんに原則として薬を処方しない理由は2つあります。

 1つは、コレステロール値を下げる薬を飲むと、つらい副作用を伴う可能性があるからです。コレステロール値が下がっても副作用がきついのでは、帳尻が合いません。

 2つ目は、コレステロール値を極端に減らすと、ガンに対する抵抗力が失われてしまうからです。コレステロールは免疫細胞だけでなく、体を形づくっている全ての細胞の膜の構成成分です。健康な人が病気を予防したり、心身の活力を高めるためにも欠かせない成分なのです。

 コレステロールが必要以上に減ってしまうと、免疫細胞の働きが低下し、新しい免疫細胞を作ることも難しくなり、結果的にガンの暴走を食い止められなくなる危険性が高まります。薬で血液中のコレステロールを無理やり下げた時にも、同様のことが起こる可能性もあると考えられます。

 実際、ガンにかかった患者さんは、コレステロール値が極端に低下するため、数値を上げる治療をしなければなりません。ですから、コレステロール値が高い人も通常の人も、低くする方向に努力するのではなく、「高値安定」を目指さなければならないのです。

 だからこそ私は、コレステロール値に悩む患者さんにはこう伝えています。

「少しぐらい太っている、“ちょいメタ”だっていいんです。重要なことは数値や腹囲のサイズではなく、胸に煮えたぎる『ときめき』を持って、自分の人生を積極的に生きることです」

 私は腹囲が1メートル、コレステロール値が260~270mg/dl、中性脂肪が385mg/dlですから、現在のメタボ健診の基準値で言えば、間違いなく薬の処方が必要なレベルです。でも私は、自分を健康だと信じて疑っていません。

 中性脂肪値は日頃の食生活の結果ですから、うまい食事をたらふく食べて酒を呑んだあとは、誰でも高くなりがちです。値を下げたかったら、粗食を心がければいい。数値を気にする患者さんには、「下げたかったら採血する前の1週間、粗食を心がければ必ず下がります」と指導しています。

 中性脂肪値は、食事で簡単に上下する流動的な数値です。神経質になって正常値に「右へならえ」をすると、今度はそれがストレスとなって、よけいに数値を悪くしてしまいます。

 数値に一喜一憂したあげく、悪化を招くなんて、バカげていませんか?

◆プロフィール 帯津良一(おびつ・りょういち) 医学博士。東大医学部卒、同大医学部第三外科、都立駒込病院外科医長などを経て、帯津三敬病院を設立。医の東西融合という新機軸をもとに治療に当たる。「人間」の総合医療である「ホリスティック医学」の第一人者。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(2)最長30時間もトイレに行かず寝続けた
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(1)風呂嫌いにトップス裏返し
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然