暴行

スポーツ

「暴行引退」北青鵬が繰り返したのは「背中の毛を燃やす」「瞬間接着剤を後ろの穴に…」ひどすぎる行為だった

元横綱・白鵬が親方を務める宮城野部屋の北青鵬が、他の力士への暴力を長期間にわたって繰り返していたことが発覚し、22歳の若さで各界を去った。最高位は東前頭6枚目。将来は三役も嘱望されていた。その不祥事の数々は、目を覆いたくなるようなものばかり…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

宮城野親方が「第二の貴乃花」になりかねない弟子・北青鵬の「部屋内暴力と窃盗」で降格騒動

元横綱・白鵬の宮城野親方が「第二の貴乃花」になる可能性も出てきた。弟子である幕内・北青鵬が、同じ部屋の弟弟子に繰り返し暴行していたことが発覚。さらに他の力士が稽古中には、財布からカネを盗んでいたという。日本相撲協会のコンプライアンス委員会は…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
芸能

サッカー・伊東純也だけじゃない…元V6森田剛・東国原英夫・横山ノックも…芸能界「逆告訴」の勝敗

はたして真実を語っているのはどちらなのか。サッカー日本代表の伊東純也をめぐる性加害報道のことだ。女性側が刑事告訴する一方、伊東側はその告訴内容がウソであるとして「逆告訴」する事態になっている。振り返ればこの逆告訴は、芸能界でも見受けられた。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
社会

自称「徳川将軍の御落胤」が超スピード獄門にかけられたのは「取調べでのヒドすぎる供述」のせい

徳川将軍の御落胤と称した凶賊、連続強姦魔がいる。葵小僧というが、あまりの凶悪性から捕縛後、10日あまりという異例のスピードで獄門にかけられた、札付きのワルだ。獄門というのは斬首刑の後、死体を試し斬りに使われ、その首を獄門台に載せて3日間(2…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
スポーツ

【しぼむ角界】力士も新弟子も激減「体格基準撤廃」が焼け石に水となる相撲協会の自業自得

いよいよ国技である大相撲の「消滅」が現実味を帯びてきた。日本相撲協会が12月25日、来年の初場所(2024年1月14日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表したが、初場所の力士総数が599人となった。600人を下回るのはなんと1979年春場…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

【プロ野球ストーブリーグ】女性暴行&家庭内暴力逮捕でもスゴい実力「第二のバウアー」争奪戦スタート

日本球界で「第二のトレバー・バウアー獲得戦争」が勃発しそうだ。今季途中までドジャースでプレーしていた、左腕フリオ・ウリアスだ。メキシコ出身のウリアスの実績は申し分ない。2016年5月にドジャースとメジャー契約を結び、いきなり5勝2敗、防御率…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
政治

性暴行も危ない!菅義偉が旗振りの「ライドシェア」導入がココまで嫌われる理由

タクシードライバー不足が深刻化する中で解禁に向けた議論が活発化しているライドシェア。実現すれば一般のドライバーが自家用車で客の送迎も可能になるが、JNNの世論調査によれば導入には過半数が「反対」と回答したという。経済誌ライターが語る。「8月…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
社会

明治時代に実在した異常な「シリアルキラーの性獣」は27人の女に性的暴行し6人を殺した

「シリアルキラー」という言葉を知っているだろうか。異常な心理的欲求のもと、一定の冷却期間を置きながら、1カ月以上にわたって複数の殺人を繰り返す、連続殺人犯のことである。その代表的な人物が、吹上佐太郎だ。明治二十二年(1889年)、京都・西陣…

カテゴリー: 社会 | タグ: , |
スポーツ

「あの暴行事件」だけじゃなかった!今だから明かす前園真聖「沖縄の夜の大失態」

2013年に酒に酔ってタクシー運転手に暴行を加える事件を起こしている、元サッカー日本代表の前園真聖氏。その前園氏が、それよりさらに前、なんと日本代表時にアルコールでやらかしていたことが明かされた。自身のYouTubeチャンネル「おじさんだけ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

サッカー西野朗前代表監督が前園真聖に厳命「指導者になれ!」あの暴行事件がなければ…

2006年のW杯ロシア大会で日本代表を決勝トーナメント進出に導いた名将・西野朗前代表監督が、教え子の前園真聖氏に厳しい要求を突きつけた。なんと「指導者になれ」というのである。そんな厳命が飛び出したのは、前園氏のユーチューブチャンネル「おじさ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

また女性暴行疑惑DeNAバウアーの荒稼ぎYouTube動画「気さくすぎる撮影現場」との驚くべきギャップ

3月の入団発表以降、サイ・ヤング賞投手の日本球界入りで話題を振りまいてきた、DeNAのトレバー・バウアー。毎試合ホームランを浴びるなど、不安定な投球を続けてきたが、交流戦に入って連勝を飾り、本領発揮の兆しが見えてきた。その矢先、またしても「…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

DeNAバウアー「4人目の女性暴行疑惑」発覚で慌てた球団の「逃げ切り」作戦

横浜DeNAのトレバー・バウアーに、女性への新たな暴行疑惑が急浮上だ。日本時間6月14日のアメリカ全国紙「USAトゥデー」の電子版が報じたもので、2020年末に米アリゾナ州でバウアーが女性に対して性的暴行に及び、さらに首絞めで意識を失わせた…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

山川穂高がついに出身大学の「輩出実績」からも消えた惨状

強制性交容疑で書類送検された西武の山川穂高の「存在」が、風前の灯火状態となっている。5月11日に「文春オンライン」で知人女性に対する性的暴行疑惑が報じられると、直後に西武線で展開されていた「駅の推し獅子(おしじし)」企画の山川のポスターが剥…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

栗山英樹が「中田翔暴行事件」の恩を返す「巨人入り」の根拠

原巨人に今オフ、やはり大きな動きがあるのか。侍ジャパンの栗山英樹監督が6月2日、都内で退任会見を行った。「1試合1試合、忘れられない。すべての人に感謝しています」達成感いっぱいの表情でこう語ったが、気になるのは今後の去就。何しろ野球で世界一…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |