松山英樹

芸能

麒麟・川島明が「ラヴィット!」“大喜利路線”徹底を決めた“あの批判騒動”

麒麟・川島明が、8月4日に公開されたテレビプロデューサーの佐久間宣行氏のYouTubeチャンネル「佐久間宣行のNOBROCKTV」で「ラヴィット!」(TBS系)の“大喜利化”について語っている。ニュース・ワイドショーは一切やらないと決めてい…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

「Gバスト」森咲智美のゴルフレッスン動画に“飛距離が松山英樹以上!?”の声

4月に開催された海外メジャーのマスターズ・トーナメントにおいて、日本人選手、さらにはアジア人選手として初の優勝を飾った松山英樹。尾崎将司氏、中島常幸氏、青木功氏といった名プレイヤーが幾度チャンレンジしても跳ね返されてきた海外メジャーの初制覇…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

明石家さんま、松山英樹にも「残念」発言が出た“スポーツ海外厨”の賛否!

明石家さんまが4月17日深夜放送の毎日放送ラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。松山英樹のマスターズ優勝に「ちょっと残念」と発言した。芸能人には「私が私が」と前に出る我の強さが必要という話をしている際、さんまは「スポーツ選手にとっても大変大事…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
スポーツ

松山英樹と石川遼の「逆転人生」「落差の真相」を徹底深堀り!

実に、17年8月の「ブリヂストン招待」以来の米ツアー勝利が、最高峰のタイトル「マスターズ」だった松山英樹(29)。一時は世界ランキング2位に上りつめるも33位にまで転落。世界の壁に跳ね返される冬の時代を過ごしていた。忸怩たる五里霧中の状況か…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
芸能

「ラヴィット!」、松山英樹マスターズ制覇ぞんざい扱いの大酷評と“しがらみ”

TBSの朝の情報番組「ラヴィット!」は3月29日のスタート以降、ずっと視聴率が低迷。10回目の放送となった4月9日の世帯視聴率は1.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、番組ワーストを記録している。そんな「ラヴィット!」だけに、2日の放送…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
スポーツ

石川遼ら「男子ゴルフの赤面御三家」の“ガタガタ内部事情”最前線レポート!

女子ゴルフ界が黄金世代を中心に人気を集める中、男子の御三家である石川遼、松山英樹、小平智は精彩を欠くばかり。表面上は、体調不良を強調するが、その実態は各選手の「チーム解体」が真相のようなのだ。そんな、それぞれの「お家事情」に7月2日発売の週…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

松山英樹が絶不調で「奇行」を連発していた(2)「音が違う」クラブにダメ出し

次々とキャディーを代える松山に対し、「奇行というよりも愚行」と断じるのは、ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏だ。「今の松山を見ていると、キャディーをパートナーとして尊重しているのか、疑わしい。進藤キャディーは試合会場を下見したり、米ツアーのキ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

松山英樹が絶不調で「奇行」を連発していた(1)キャディー変更の理由とは?

プロゴルファーの松山英樹(26)が迷走を続けている。昨季は「メジャータイトルに最も近い男」と称され、世界ランク2位にまで駆け上がるも、今季は精彩を欠き、ここまでの成績は自己ワースト。そのうえ、奇行にも見えるふるまいが相次ぎ、周囲から変人扱い…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

松山英樹がジャンボ尾崎に「引退撤回」を決意させた(3)ジャンボの道具を参考に!

つまり、尾崎は「結果が出なければクラブを置く」という事実上の引退宣言を翻したのだ。「ジャンボはもう一度予選をクリアして優勝争いを演じたいんだと思いますが、最後の賞金は13年4月の『つるやオープン』の30万8400円。男子レギュラーツアー史上…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

松山英樹がジャンボ尾崎に「引退撤回」を決意させた(2)イスに腰かけてジッと観察

主催者の粋な計らいの裏には、松山からのラブコールがあった。「最初は、主催者で松山とクラブ契約するダンロップからの指名かと思っていましたが、最終日の会見で、松山が自分の希望だったことを明かした。日本で94勝し、メジャーでジャック・ニクラスやア…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

松山英樹がジャンボ尾崎に「引退撤回」を決意させた(1)「俺は日本しか見てなかった」

いよいよ年末、ゴルフ界も来シーズンを見据えた動きが慌ただしい。「引退」の決断が現実味を帯びていたのはジャンボ尾崎だが、なんと「現役続行」を宣言。70歳のレジェンドを再び奮い立たせたのは、世界と戦う日本のエースだった。11月16日から4日間に…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
特集

「ジャンボ&松山」同組ラウンドで化学反応

Sponsored

11月16日から4日間にわたって行われた「ダンロップフェニックストーナメント」は、世界ランク4位の松山英樹が今季唯一参戦する国内ツアー戦とあって話題を呼んだ。同時に日本ゴルフ界のレジェンド・尾崎将司の去就発言にも注目が集まった。スポーツ紙デ…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |
政治

玉木正之のスポーツ内憂内患「安倍首相、ゴルフの政治利用には呆れ果てた」

かつて「緑の待合」という言葉があった。「待合」とは、仕出し屋から料理を取り、芸妓を呼んで遊ぶ部屋。明治以来、日本の政治家たちが密談をする場所として大いに利用したので、「待合政治」という言葉まで生まれた。戦後も60年代の初期頃までは「待合政治…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
スポーツ

松山英樹「参謀キャディーと決裂」の深刻トラブル(2)松山の異様な“隠密行動”

マスコミ泣かせで知られる松山だが、「参謀」でもある進藤氏に対しても、その秘密主義が徹底していたというのだ。スポーツ紙記者も首をかしげる。「昨年5月にはリオ五輪の代表スーツの採寸があったが、なぜか極秘帰国。日の丸を背負うことを決めたのであれば…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |