芸能

「ラヴィット!」、松山英樹マスターズ制覇ぞんざい扱いの大酷評と“しがらみ”

 TBSの朝の情報番組「ラヴィット!」は3月29日のスタート以降、ずっと視聴率が低迷。 10回目の放送となった4月9日の世帯視聴率は1.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区) と、番組ワーストを記録している。

 そんな「ラヴィット!」だけに、2日の放送内容には視聴者からも呆れる声が相次いだ。前番組である「マスターズゴルフ2021」最終日の中継で松山英樹がアジア人初のマスターズ制覇。それを最大限に利用し、視聴率アップにつなげると思いきや、ほとんど何もせず通常運行を貫いたのだ。

「番組の冒頭こそ、メーンMCの麒麟・川島明が『優勝おめでとうございます』、丸山桂里奈が『緑のジャケットが一番似合ってた。緑が味方してくれた松山さんだった』と珍コメントをしたものの、その後は普段のノリに戻ってコンビニスイーツの話題に移行。松山の映像をリプレイするだけでも視聴率が取れるはずなのに、何もしなかったのです」(芸能ライター)

 ネット上でも、「あの超感動した歴史的中継のあと コメント10秒ぐらいでスイーツ紹介しとったぞ」「マスターズの流れで始めて冒頭だけ観たけど、何でいきなりスイーツ特集なんだよ」「せっかくだから今日はマスターズ一色でいけば視聴率もかなりかせげたのに」「今日のラヴィット!は絶対に松山マスターズ優勝おめでとう番組で良かったのでは」など、番組の姿勢に疑問を持つ声が多く見られた。

 もっとも「マスターズ」の放送時間を延長し、そのぶん「ラヴィット!」のスタートを遅らせたのだから、いつもどおりの内容で貫くのもありかもしれない。とはいえ、視聴率が超低空飛行を続けている現状では、番組に松山優勝を大フィーチャーするのが常套手段だろう。

「『ラヴィット!』のランキングや値段見極めクイズ企画などは広告的な意味合いも強いことから、 数字が低くてもスポンサー受けは悪くない。そのため、とにかく視聴率を上げようという必死さはないのかも。松山優勝を受け急きょマスターズを大々的に扱おうと思っても、ランキングなどを外すわけにはいかずなかなか難しいのでは」(前出・芸能ライター)

 結果的にマスターズの流れから、12日の視聴率は5.6%とそれまでで最高の数字は残したものの、むしろその反動が怖い事態を招いたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
4
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
5
浜辺美波、「ドクターホワイト」放送直前に浮上した“那須川天心との熱愛疑惑”