萩原健一

芸能

「いだてん」、大河最低更新で阿部サダヲがついに解禁した“起死回生”秘策とは?

もはや打つ手なしか。8月25日放送のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(第32回)の平均視聴率が5.0%と11日の第30回の5.9%を大きく下回り、大河史上最低を更新した。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)2月10日放送…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

「いだてん」大河ワースト更新でも見ないと損する“3つの理由”

視聴率低迷が騒がれるNHK大河「いだてん」。6月23日放送の第1部最終回は7.8%と前回から約1%ほど盛り返しての折り返しとなった。NHK関係者が安堵の声をあげる。「綾瀬はるか、役所広司、生田斗真、大竹しのぶなど、前半で活躍した主演級の俳優…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

天才テリー伊藤対談「PANTA」(4)内田裕也が大激怒して言ったのは…

テリーPANTAさんは最近亡くなられた内田裕也さん、萩原健一さんともつながりがありましたよね。裕也さんの代表曲「コミック雑誌なんか要らない」は、頭脳警察のカバーなんですよね。PANTAそうですね。裕也さんのエピソードを話しだしたら、終わらな…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

ショーケン死す「傷だらけの68年」秘聞(3)伊集院静に詞を書き直させた

再びショーケンの豪放な言動を振り返ろう。殉職したマカロニに代わり、七曲署の一員となったのはジーパンこと松田優作(享年40)である。個性はまるで違うように見えて、ショーケンの目には、そうは映らなかった。79年の東京・厚生年金会館のコンサートの…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

ショーケン死す「傷だらけの68年」秘聞(2)数多くの女性との関係

「テンプターズ時代には、雑誌の対談で知り合った江波杏子(故人)とつきあい、その後は『サインはV』(TBS系)で知られる范文雀(故人)と半同棲する仲に。その頃から共演者キラー、年上キラーぶりを発揮していた」(映画関係者)萩原の出世作となった7…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

ショーケン死す「傷だらけの68年」秘聞(1)「クスリとアルコール」に溺れ

ショーケン‥‥その呼び名は昭和の同時代を生きた男たちにとって格別の響きがあった。不良性感度に満ちた奔放な私生活が目立つが、なにより演技も歌声も余人をもって代えがたい輝きがあった。平成の終わりに68年の生涯を閉じたショーケンが、アサ芸だけに明…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

ショーケンとジュリーに「あの伝説バンド復活」が打診されていた!

3月26日、「ショーケン」の愛称で親しまれた萩原健一さんが、消化管間質腫瘍で亡くなった。67年に「ザ・テンプターズ」のボーカルとしてデビューすると、グループサウンズブームを牽引。解散後には、「ザ・タイガース」の沢田研二らとバンド「PYG」を…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

歌いたくない曲は歌わない!ショーケン、「他では読めない秘話」を一挙公開

平成の終わりに68年の生涯を閉じたショーケンこと萩原健一が、週刊アサヒ芸能だけに明かしてくれた貴重な秘話の数々を振り返る。萩原の出世作である「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)の、あまりにも有名な殉職の回のタイトルは「13日金曜日マカロニ死す…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

萩原健一の急逝で蘇る最後の出演ドラマ「ガン死するラガーマン」の迫真演技!

3月26日午前10時30分、都内の病院で亡くなった萩原健一。68歳だった。所属事務所によると、萩原は2011年からGIST(消化管間質腫瘍)を患い手術も受け、手術自体は成功だったという。しかし、3月25日に容態が急変して自宅で倒れ、救急搬送…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

パクリ論争が勃発!?来年1月スタートのNHK「鴨川食堂」に酷似ドラマが!

9月14日、俳優の萩原健一が来年1月スタートのNHKBSプレミアム連続ドラマ「鴨川食堂」に出演することが発表された。萩原にとっては02年の大河ドラマ「利家とまつ」以来14年ぶりのNHKドラマである。13年に発売された柏井壽氏の小説が原作で、…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

マツコ&有吉は知らない(1)「タレント取材の衝撃現場」

マツコ・デラックスと有吉弘行が司会の深夜番組で日本3大夜景など従来の3大〇〇以外の、新・3大〇〇を探すコーナーが、そのマニアックな視点で人気だ。が、あくまで内容はテレビ放映可能な範囲。そこで芸能からスポーツ、エロまで、アサ芸版「アブナイ新・…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , , , , , , |
芸能

深作欣二、木村一八に「俺の言うことが聞けないのか」

〈頭が骨まで熱くなる〉そんな鮮烈なコピーが躍った「いつかギラギラする日」には、実に個性的な顔ぶれが集まった。ヒロインの荻野目は不倫相手が自殺し、それ以来の復帰作となった。ただし体調は万全ではなく、睡眠薬を飲んでも眠れない状態が続く。公開から…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

萩原健一、深作欣二は「めったにいない頼れる監督」

〈最後に確認しよう。われわれは“明日のジョー”である〉70年3月31日に起きた「よど号乗っ取り事件」で、犯人グループが発した声明文である。当時の人気コミック「あしたのジョー」になぞらえ、燃え尽きるまで闘うことを誓って…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」

それは、日本の映画ファンにとって夢の顔合わせだった。74年のドラマから約20年、ついにスクリーンで「深作欣二VSショーケン」が実現したのだ。70年代以降、監督と役者の立場で若者たちを熱狂させてきた2人は、真っ向から「90年代のアクション」に…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |