芸能

「いだてん」、大河最低更新で阿部サダヲがついに解禁した“起死回生”秘策とは?

 もはや打つ手なしか。

 8月25日放送のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(第32回)の平均視聴率が5.0%と11日の第30回の5.9%を大きく下回り、大河史上最低を更新した。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

 2月10日放送の第6回以降は1ケタ台が続き、下げ止まる気配がない。

「内容の冗漫さもありますが、受信料の強制徴収やN国の影響も少なからずあり、NHKに対する風当たりが強いのは否定できない」と言うのはスポーツ紙記者。

22日には10月から新登場する浅野忠信、チュートリアルの徳井義実、安藤サクラら新キャストを発表し、話題づくりに腐心しているが、「来年の東京オリンピックに対してのネガティブな情報が多いせいか、オリンピックそのものが今一つ盛り上がっていないんです」(前出・スポーツ紙記者)という。

 安藤は会見で「セリフ一言に込められる撮影現場の熱量はすさまじい」と語っているが、実際の現場は後半クライマックスに向けて、ヒートアップしているようだ。そんな中、後半の主役・阿部サダヲが、それまで大河では封印していたアドリブをついに“解禁”したのだという。

「脚本を手がける宮藤官九郎さんと同じ事務所に所属する阿部さんは、いわゆる“クドカンファミリー”ですが、彼らはクドカンのホン(脚本)に書いてあるセリフはすべて計算しつくされているので、ほとんどアドリブはしないんです。亡くなった萩原健一さんは大河でもアドリブで、作品をより良いものにしていましたが、阿部は“ショーケンさんはアドリブを許されても自分はまだそのレベルではないから封印する”と言って、すべて脚本通りにしていました。でも、視聴率の低下や世間の評判はやはり気になるようで、『ショーケンさんにならってアドリブを解禁してみよう』と。宮藤さんもそれは了承済みです」(NHK関係者)

 だが、「局内は来年の『麒麟がくる』で大河人気を取り戻すというムード」(前出・NHK関係者)だそうで、策を弄してカラ回りにならないことを祈るばかりだ。

(宮本エミ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白