虫歯

社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「現代の大人の病気である歯周病の恐怖。口腔ケアだけでなく生活習慣にも要注意」

昔に比べて子供の虫歯が減っているのはご存じでしょうか。お菓子を食べさせない親が増え、フッ素入り歯磨きも登場したことで患者は激減したのですが、むしろ中年以降に歯周病に気をつけねばならない世代と言えます。虫歯は歯をむしばんでいきますが、歯周病は…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

「虫歯治療でガンになる」衝撃実態(5)歯根を治療してリウマチ改善

「基本は患者さんの食生活を聞いて、気がつかないうちに口にしている砂糖を見つけ、やめていただくこと。これで虫歯の90%は防げます。さらに歯周病の患者さんには炭水化物を控えていただくことで、症状の改善に導いています」ただし、治療しても歯周病が改…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

「虫歯治療でガンになる」衝撃実態(4)食後歯磨きの正しい時間とは?

虫歯を削ったり抜いたりすることで始まる恐怖のローテーション。相変わらず予防の柱とされるのが「歯磨き」だ。ただ、正しく歯磨きを行えば「歯周病」についてはそれなりの効果を発揮する。だが、虫歯の予防については、WHO(世界保健機関)も「明確な相関…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

「虫歯治療でガンになる」衝撃実態(3)髄膜炎や脳梗塞を引き起こす

当然、水分が通わなくなった歯は、しだいに枯れたような状態になり、立ち木の枝同様、何の前ぶれもなくポキンと折れる可能性がある。しかも歯を抜くとモノが噛みづらくなるため、必然的に噛む力は弱くなる。「噛むという動作には脳、中でも記憶に関する働きに…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

「虫歯治療でガンになる」衝撃実態(2)ドブ川の水で傷を洗い流す

以下、小峰医師の解説を聞こう。「実はこのエナメル質はガラスのように傷がつくとヒビが入り、非常に割れやすくなる性質がある。そのため、虫歯を削ると目に見えない無数のヒビが入り、そこに金属で詰め物をするとくさびとなって、一気に歯が割れてしまうこと…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「虫歯治療でガンになる」衝撃実態(1)「削る」「抜く」が命取りになる

食事を摂り、生命を維持するために必要な「噛む」という行為。健康な歯はそのために必要不可欠である。いや、それどころか、歯の状態は思いもよらない重大病の原因にもなるというのだ。その落とし穴がなんと、歯の治療そのものにあったとすれば──。「いくら…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「魚の小骨はご飯で除去」「水虫に緑茶」…オヤジが信じる応急処置の“ウソ”

気の利いた焼き魚定食が食べられる店を職場の近所に見つけた日には、積年の悩み「昼メシがパッとしない問題」に終止符を打てるというもの。ところで、「魚の小骨が喉に刺さった時、ご飯を飲み込んで対処する」という民間療法を実践し、無事に解決したという人…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「大人の虫歯は抜くべきか、抜かぬべきか?高額な治療費目当ての抜歯には注意せよ」

私たちが小さかった頃と比べて、ものすごく減っている病気。それも「患者が少ない」「経営できない」と医者が嘆くほどの症状をご存じでしょうか。正解は「虫歯」です。40年ほど前は「虫歯にならない子供」は珍しく、70年代など子供の9割が虫歯でした。そ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |