騎手

スポーツ

春のGIシーズン前にチェック!人気を裏切る「危険な騎手」を列挙!(1)不可解な騎乗を見せたのは…

人気馬とリーディング上位騎手。それが馬券的な「鉄板」かといえば、さにあらず。人気を裏切る驚きのシーンを目にすることもしばしばだ。今年一発目のGI、フェブラリーステークスも開催間近。春のGIシーズン前に知っておきたい「危険な騎手」とは──。馬…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

JRA騎手・吉田隼人 騎乗停止解除で封印された「女性トラブル」とは?

〈騎手 吉田隼人の騎乗停止について〉これは14年11月12日、JRA(日本中央競馬会)報道室が発表したプレスリリースのタイトルである。吉田隼人(31)は攻撃的な乗りっぷりに定評があり、14年の成績が重賞1勝を含む51勝(12月17日時点)の…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , |
スポーツ

岩田康誠騎手 後藤浩輝を2度も病院送りにした危険な騎乗

衝撃的なハプニングが発生したのは、4月27日の東京競馬第10レースだった。復帰したばかりの後藤浩輝騎手(40)が前走者の妨害で、またもや落馬。頸椎骨折の重傷を負ったのだ。しかもその相手は、因縁の岩田康誠騎手(40)だった。ターフライターが振…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
特集

20年来の“心友”が明かす 天才・武豊「屈辱からの逆襲」(6)

Sponsored

「ダービーを特別視しすぎてはいけない。3歳春に行われるオープン戦のひとつだ。でも、やっぱりダービーはほかのレースとは違う、という『両構え』で臨むのが一番いいと思う」こう話していた彼は、翌99年、アドマイヤベガで第66回日本ダービーを勝ち、史…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |
特集

20年来の“心友”が明かす 天才・武豊「屈辱からの逆襲」(5)

Sponsored

そんなとき、彼は一頭の駿馬に出会う。ダンスインザダークである。故郷の社台ファームにいた2歳時、初めて跨った武は、遠かったダービーのゴールが一気に近づいてきたのを感じた。96年6月2日の第63回日本ダービー。ダンスインザダークは単勝2.3倍の…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |
特集

20年来の“心友”が明かす 天才・武豊「屈辱からの逆襲」(4)

Sponsored

武豊騎手と20年来の“心友”である作家・島田明宏氏が書き下ろした「誰も書かなかった武豊決断」が大反響を得ている。本書には数多くの「心の葛藤」が描かれているのだが、ダービーもその一つ。昨年、キズナで5度目の栄冠に輝いたものの、そこに至るまでは…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |
特集

20年来の“心友”が明かす 天才・武豊「屈辱からの逆襲」(1)

Sponsored

「2011年度JRA馬事文化賞」も受賞した作家・島田明宏氏が武豊騎手と初めて出会ったのは90年4月だった。以降、20年以上にわたり、公私でつきあうようになる。その“心友”島田氏が「誰も書かなかった武豊決断」を上梓。そこには、武豊の真実の姿が…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , , |
スポーツ

福永祐一 武豊になれなかった“4大失態レース”(1)「キングヘイローの呪い」が今も続く

全国リーディングNO1騎手となり、海外GIでレコード勝ちしても、なぜか「さすが福永!」の声は聞かれない。人気、知名度、実力評価──あらゆる分野で常に天才・武豊の後塵を拝してきたのはなぜか。それは万年NO2男の「欠陥騎乗」と「失態レース」ぶり…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

村田一誠騎手は女房を取るか、ファンとのキズナを取るか!?

週刊アサヒ芸能3月6日号にて、競馬ファンには興味を持っていただけたはずの「2013年度JRAワースト騎手 勝手に表彰式」という、じつに勝手な企画が(笑)。勝手と言いながらもデータはしっかり集計されたものなので騎手たちに反論の余地はあまりない…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

完全復活に疑問?今年の武豊は儲からない?

昨年、キズナで日本ダービー、マイルCSをトーセンラーで勝利し、GI通算100勝の快挙を達成、JRA特別賞も受賞し、完全復活をアピールした武豊。そんな世間の歓喜をよそに、馬券ファンにはぜひとも注意を促したいと、09年、「武豊を絶対に買うな!」…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

2013年度JRAワースト騎手を勝手に表彰!(4)「“特別表彰”騎手編」

人間、誰しも「そこは突っついてほしくない」ところが必ずある。そんな苦笑いの賞をまとめてどーぞ。残念だが、天才・武豊も「朝勃ちしない」年齢になったということだ。今年2月16日、京都1R未勝利戦、1番人気は武豊とのコンビのエキゾチックマター。単…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

2013年度JRAワースト騎手を勝手に表彰!(3)「“迷勝負”騎手編」

勝負した馬が「あ~あ、4着」「逃げ切れず馬群に沈む」「後方からやって来ない」‥‥馬券ファンがいちばん見たくない光景だ。その主役を演じた騎手たちをご紹介しよう。端正なルックスから栗東の「ほほえみ貴公子」と呼ばれる幸英明(38)。ゴルフの腕前が…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , , , |
スポーツ

2013年度JRAワースト騎手を勝手に表彰!(2)「“非実力派”騎手編」

昨年の東西別勝利数は、関東1473勝(重賞41勝)に対し、関西1982勝(重賞92勝)。西高東低は続くが、騎手の成績にも影響はあるようだ‥‥。当然、騎手の東西移動による成績は、馬券オヤジにとって必須科目だ。西の専門紙記者が話す。「あの引退し…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , |
スポーツ

レース観戦がおもしろくなる競馬裏ネタ(3)「主要騎手の“禁”プロフィール その2」

■月曜日の競輪場に出没する矢作芳人師東が蛯名なら、西の雄は東西リーディングのトップを突っ走る矢作芳人師。東大合格者の宝庫、名門・開成高校出身の異色トレーナーである。「(休日の)月曜日はギャンブルデー」と決めているほどで、函館や小倉の競輪場に…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , , , |