スポーツ

藤田菜七子「110連敗」大スランプの焦りと鎖骨骨折の後遺症

 人気女性騎手・藤田菜七子が、スランプに喘いでいる。今年まだ1勝で、現在110連敗中だ。他の3人の女性騎手が着々とリーディングの順位を上げている中、104位という有り様となっている(5月8日現在)。

 藤田といえば、JRAに16年ぶりに誕生した女性騎手ということもあって、16年にデビュー以来、常に注目を浴びてきた。そして、その期待に違わず順調に勝ち星を量産。JRA女性騎手初の通算100勝、重賞制覇(JRA重賞1勝、交流重賞1勝)など、多くの金字塔を打ち立ててきた。

 しかし、19年の43勝をピークに成績は下り坂で、20年35勝⇒21年14勝と、このところ低迷中だ。いったい、どうしたのだろうか。

 不振の原因の一つは、2度にわたる左鎖骨骨折。20年2月15日の小倉で最初に骨折したときにはプレートを入れて患部を固定し、1カ月後には復帰。翌年の9月21日にはそれを手術して徐去。元の体で乗れるようになったと思われたが、10月17日の新潟で再度同じところを骨折してしまう。自分の骨の一部を移植する手術を行い1カ月半後には復帰するも、騎乗ぶりに精彩を欠いて結果を出せないでいる。

「もしかすると、思うように肩の筋肉が回らないのでいないか。気の強い彼女のことだから弱音を吐いたりはしないが、見ていて元気がないのが気になる」(競馬関係者)

 本人は不振打開のため、3月の初めから期間限定で栗東に滞在。これにより関西馬に乗ることも徐々に増えてきたが、いまのところ結果が出ていない。そうした中、後輩の女性騎手がここにきてポンポンと勝っていくから、気が気でないだろう。

 現在は、これまでに60勝をあげている得意の新潟で騎乗中。新潟は19年の第3回開催で9勝し開催リーディングとなったほどで、十八番の競馬場と言える。ここで何とか不振脱出のきっかけをつかみたいところだろう。

 新潟名物・千直競馬でスタートを決めて、一気にラチ沿いに馬を持ってくるのが彼女の勝ちパターン。そういう競馬を見せて、存在をアピールしてもらいたい。

(競馬ライター・兜志郎)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」