スポーツ

藤田菜七子「110連敗」大スランプの焦りと鎖骨骨折の後遺症

 人気女性騎手・藤田菜七子が、スランプに喘いでいる。今年まだ1勝で、現在110連敗中だ。他の3人の女性騎手が着々とリーディングの順位を上げている中、104位という有り様となっている(5月8日現在)。

 藤田といえば、JRAに16年ぶりに誕生した女性騎手ということもあって、16年にデビュー以来、常に注目を浴びてきた。そして、その期待に違わず順調に勝ち星を量産。JRA女性騎手初の通算100勝、重賞制覇(JRA重賞1勝、交流重賞1勝)など、多くの金字塔を打ち立ててきた。

 しかし、19年の43勝をピークに成績は下り坂で、20年35勝⇒21年14勝と、このところ低迷中だ。いったい、どうしたのだろうか。

 不振の原因の一つは、2度にわたる左鎖骨骨折。20年2月15日の小倉で最初に骨折したときにはプレートを入れて患部を固定し、1カ月後には復帰。翌年の9月21日にはそれを手術して徐去。元の体で乗れるようになったと思われたが、10月17日の新潟で再度同じところを骨折してしまう。自分の骨の一部を移植する手術を行い1カ月半後には復帰するも、騎乗ぶりに精彩を欠いて結果を出せないでいる。

「もしかすると、思うように肩の筋肉が回らないのでいないか。気の強い彼女のことだから弱音を吐いたりはしないが、見ていて元気がないのが気になる」(競馬関係者)

 本人は不振打開のため、3月の初めから期間限定で栗東に滞在。これにより関西馬に乗ることも徐々に増えてきたが、いまのところ結果が出ていない。そうした中、後輩の女性騎手がここにきてポンポンと勝っていくから、気が気でないだろう。

 現在は、これまでに60勝をあげている得意の新潟で騎乗中。新潟は19年の第3回開催で9勝し開催リーディングとなったほどで、十八番の競馬場と言える。ここで何とか不振脱出のきっかけをつかみたいところだろう。

 新潟名物・千直競馬でスタートを決めて、一気にラチ沿いに馬を持ってくるのが彼女の勝ちパターン。そういう競馬を見せて、存在をアピールしてもらいたい。

(競馬ライター・兜志郎)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」