社会

社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「年を重ねるごとに悩まされる運動不足の解消法。スクワットと腹筋ではどちらが必要な運動?」

健康で長生きするために運動をする高齢者は少なくないでしょう。体を動かすことで体力や持久力が身につくばかりか、心肺機能も鍛えられます。1日30分ほど運動している人は、喫煙者が禁煙をするのと同じぐらい有益であると言われています。一説では、30分…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”

昨年9月3日に開かれた小室圭さんとの婚約内定会見で喜びにあふれた心境を明かしていた秋篠宮家の長女、眞子さま。しかし、わずか3カ月後、祝賀ムードに水を差す醜聞が報道された。小室さんの実母が、元婚約者の男性と金銭トラブルを抱えているというのだ。…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「“卵は1日1個まで”これって本当に守るべき?栄養価の高い卵に含まれるコレステロールとは」

「卵は1日1個まで」と、子供の頃、親からこう言われた人も多かったと思います。私自身、朝食に目玉焼きを食べた日は、夕食で卵かけ御飯を食べさせてもらえなかったものです。それは理由がありました。卵に含まれるコレステロールが高脂血症の原因とされてい…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |

社会

視力低下、頭痛、うつ病も!危険が潜む「ドライアイ」が予防できる料理とは?

冬は1年の中で最も空気が乾燥する季節。目も乾燥。ドライアイに悩む人が増える季節だ。軽く見られがちなドライアイも放置すると重篤な病を発症してしまうという。日本眼科学会の発表によれば、現在、日本では約800~2,200万人のドライアイ患者がいる…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「発見が困難な膵臓がんと死因数トップの胃がん。危険因子を排除し、発症リスクを減らすべし」

1月4日、「闘将」と呼ばれた名監督の星野仙一さんが膵臓がんで亡くなりました。がんが発見されたのは16年7月のことです。発見されてから1年半にわたって闘病していただけに、残念でなりません。では、今回のお題です。日本対がん協会によると、16年度…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

突然襲われる“ベル麻痺”の恐怖!

アイドルグループJuice=Juice(ジュースジュース)の宮本佳林が年明け早々“ベル麻痺”の疑いで入院。新春の公演を欠席した。芸能ライターが言う。「所属事務所の発表では、宮本は1月3日、13日と14日に予定されていた中野サンプラザ公演のリ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

ガン予防にもなる?「ミカンの白い筋」の栄養価がすごい!

冬にコタツに入りながら食べるミカンは実に美味だ。そのミカンにはビタミンCをはじめとする栄養素が豊富に含まれていることは何となく知っている人も多いだろう。しかし、一番栄養素が豊富だったのは、実は捨てられることの多いミカンの「白い筋」の部分なの…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

最近目立つ「過呼吸」の“本当に怖いところ”とは?

昨年大みそかの「NHK紅白歌合戦」で、人気アイドルグループ・欅坂46のメンバー3人が倒れ込むアクシデントがあった。原因は過呼吸だったという。「NHK紅白歌合戦」総合司会の内村光良と「不協和音」を“コラボ”後、鈴本美愉があおむけに倒れ、センタ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

インフルエンザ大流行の今こそ「日に当たれ!」

毎年冬は風邪、インフルエンザが流行る。特に今年はインフルエンザが例年になく流行している。ネット辞書(コトバンク)によれば、〈風邪は正式には風邪症候群といい、鼻、のど、気管支などの粘膜に起る炎症性の病気の総称〉とも言われるが、その最大の予防法…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

鈴木哲夫の政界インサイド「阪神・淡路大震災の復興は道半ば」

あれからもう23年、いや、まだ23年と言うべきか──。政治がとるべき態度は後者、「まだ」のほうだと思う。この1月17日で阪神・淡路大震災から23年が経過。いまだ、あの時の傷を引きずる人は多いからだ。現在、とりわけ政治や行政に重くのしかかって…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「痔と脱肛ではどっちがより重篤な病気?肛門の括約筋を鍛え、生活習慣を改めるべし」

「日本人の3人に1人が悩んでいる」と言われるのが肛門の疾患です。特に痔は現代病の一種と言っても過言ではないでしょう。辛い刺激物を食べたり、長時間座りっぱなし、冷えやストレスで血流が悪くなる、酒やたばこなど、さまざまな理由で表れます。代表的な…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(4)裁判をやらないほうが得!?

なぜ病院側の弁護士は裁判に誘導したがるのか。そこに医療裁判の難しさがあるという。「ご存じのように、裁判で白黒の判断を下すのは裁判官です。でも裁判官は真実や真相を解明する立場にはない。患者側が過失と因果関係を証明する責任を負い、証明できなけれ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(3)ケンカ腰にあおる病院弁護士

医療ミスを避けるためには、こういった医師のいない病院を選ぶしかないが、参考になるのが、病院や医師の治療実績。そして、病院の雰囲気や看護師の態度である。「施設が古くても患者に優しい雰囲気のいい病院がある一方、建物は立派だけど、患者を大切にして…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(2)一度も患者と目を合わせない

「当然、患者さんの家族は『回復するんじゃないか』と誤解します。でも、医師の言った『大丈夫』の意味は、『とりあえず蘇生した』という意味。そのため患者さんが亡くなった時、家族は『医療事故だ』と認識してしまうんです」(石黒氏)こうした医師のコミュ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |