エンタメ

あのモンスター視聴率ドラマ「伝説の最終回」(4)男女7人夏物語・池上季実子

20131107q

 今年、デビュー40周年を迎えた池上季実子(54)。その長い女優生活の中で、2本の高視聴率ドラマに出演している。まさに“持っている”女優と言うにふさわしく、出演当時、「絶対数字を取る!」と予言し、そのとおりにもなったという。貴重な証言を聞こう。

「とにかくハードな毎日でしたね。朝は7時から横浜・緑山スタジオ入りし、翌朝の4時くらいに自宅に戻り、また朝7時に緑山入りする繰り返し。みんな元気だなーと思うくらいパワフルでした。連日寝不足だったけど、楽しかったですね」「男女7人夏物語」(TBS系)は、7人の男女のひと夏の出会いと別れを描いた連続ドラマ。全10回放送で平均24.2%、最終回31.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録した。放送当時の86年、若い男女の恋愛を真っ正面から描いた初めての恋愛ドラマだった。また、お笑いブームで人気者になった明石家さんま、片岡鶴太郎のドラマ出演、さんまと大竹しのぶの熱愛など話題満載で、世間の注目を集めた。

「さんまさん、鶴太郎さんが『笑っていいとも!』のレギュラーで、朝10時半に抜けるんです。帰ってくるのは夜9時過ぎ。その間2人のいないシーンを撮って、そろったところで7人のシーンを撮るんです。ランスルー(通し稽古)が終わる頃、脚本の改定が来て、もう1回セリフ合わせして。2、3回やっただけですぐ本番でした」

 いくら役者といっても、そんなにすぐにセリフを覚えられるものなのか。

「出演者全員のキャラクターが『自分のことを知ってるの?』というくらい、それぞれの性格に近かったから、抵抗なくセリフが体に入ってしゃべれたんですよ。7人がみごとに仲よくて、いつもワイワイやってました。そういう現場は少ないんです。出番のない人たちが集まっては、おしゃべりしてましたから」

 とはいえ、長すぎる「さんま待ち」「鶴太郎待ち」にしびれを切らす日々だったのも確か。しかし、池上にとって出産後初の女優復帰ドラマで、掛け持ちなしの全力投球。気合に満ち満ちていたという。

「天ぷら屋さんで日本酒を飲むシーンの時、下戸のさんまさんはずっとお水を飲んでたんです。本番前、美術さんに頼んで、本物に取り替えちゃいました。本番でくっと飲んださんまさん、『うっ』という顔して。みんなそれを見ても知らん顔でそのまま芝居。あの時のさんまさんの顔、おもしろかったな。本番終わって、みんなで大爆笑。イタズラはよくやりましたね」

 目を白黒させながらも芝居を続けたさんま、あっぱれな役者根性だったようだ。

 当時週刊誌で「抱かれたくない男ナンバーワン」に選ばれた鶴太郎は嫌われ男の筆頭だったが、池上をいちずに思う心優しきブサメンを熱演、演技派俳優にイメチェンした。

「鶴太郎さんはすごく真面目で謙虚な方。ただ、役者が考える感覚とは違う突拍子もないことをやったりするから、プーッと噴いちゃうことがよくありました。おふたりがしゃべるだけで雰囲気がよくなるみたいな、そういうムード作りをしてくれました」

 池上は水谷豊の妹役を演じた連続ドラマ「熱中時代」の最終回(日本テレビ系・78~79年)で、40.0%を記録した瞬間も体験している。

「水谷さんにもさんまさんにも『これ、絶対数字取る』って言ったら、両方とも取っちゃって。高視聴率を取れた秘密は、この間まで私がハマっていた『半沢直樹』と同じだと思います。ドキドキワクワクさせてくれて、次が見たくなる。その当時もまったく同じで『録画じゃイヤ、今見たいの』という気持ちの視聴者ばかりだったんですよ。出演者やキャストさえ先を争って見たくなる。そんなおもしろいものをやれば、数字は上がるんです」

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
ラストアイドルの初ワンマンに「若いアイドルに見せるな!」との声が出るワケ
3
メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲
4
小泉今日子「52歳の爛熟ボディ」に迫る!(1)酔うと潤んだ目でジッと見る
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?