芸能

マツコ×井筒監督 ニッポンをしばき倒し“アホか、お前らDX”(2)「スマホいじりはあれと一緒」

201512310107p2nd

井筒 五郎丸の下半身の話はええけど、最近は艶っぽいことが世の中から完全に死滅してる。

マツコ うん。その辺が引きにならなくなった!

井筒 アサ芸も毎週下の部分出しまくりやけど、これすら何の効果があるかよくわかってないと思うね。

マツコ 本来さ、そういうのって人間の中で大きな割合を占めてたはずなんだけど、それが完全に変わったよね。

井筒 代わりに変態は増殖しまくりよ。俺らがワイドショーでしゃべらされてるのは、変質者のクソ犯罪ばかりやから。健全なシモの話とは無縁の鬼畜事件だらけやねん。

マツコ 最近のいろんな事件とか見てると、自分が真人間に見えてくるっていうか、自分は外れてる人間だと思ってたのに、意外にも品行方正に生きてるんだわって、驚いてる(笑)。

井筒 そうよ。マツコは完全に認められてるもんな。

マツコ アハハハ、これが認められてるのもどうかと思うけどね。

井筒 確かにどうかと思うわ(笑)。だけどギスギスした寄る辺なきこの世の中にマツコのようなふくよかな存在が現れて、皆がもたれかかりたくなるわけよ。

マツコ まあ、もたれかかるぐらいはかまわないけどね。さっきエロがなくなったって話で思ったんだけど、以前はエロってものに一点集中してたじゃない?

井筒 そうよ。昔はエロ本買って「うわっ、この女、失敗してもうた」と思っても、それで何とか奮い立たせてコスりあげてたもんな。結局、そんな本でもなかなか捨てられずにしばらく持ってたし(笑)。

マツコ フフフ、そうそう。で、気に入らないと思ってた人を結果的に愛してたってこともあったじゃない。

井筒 それはあった!

マツコ だけど、今はネットにあまりにも下品な見出しや記事が垂れ流し状態であって、だから必ずしもエロじゃなくてよくなったのよね。性欲が薄められちゃったんだと思う。

井筒 スマホをずっといじってLINEやってるのもオナニーと同じやからな。

マツコ 昔って、暇な時間にずっとアソコいじってる高校生とかいたじゃない。休みの日にオナニー何回したか、自慢げに話したりしてね。同級生にも、夏休みに最高で12回コイたとか言ってたヤツがいたけど、それが、今はスマホに取って代わっちゃったのよ。

井筒 女性のシモの毛見るのも、堀北真希の結婚生活をのぞくのも、ヤツらには同じ。それをオカズにして、指でチ○ポスマホいじってんだから。だけど、中身はスッカスカなものばかりやねん。

マツコ 今は気に入らなければ次、また気に入らなければすぐ次って、スイスイ変えちゃえばいいでしょ。12回オナニーしたヤツが、12回ムラムラしたわけじゃなくて、ただ暇だからアソコいじってたのと同じで、どこぞの歌手の結婚に「ふ~ん」、女優の離婚に「ふ~ん」、中身なんかどーでもいいのよ。心の抑揚がないまま、ひたすら文字や画像を“ながら見”してるだけ。

井筒 だから、エロにも何にも興味がない、中身のないヤツらがどんどん増えてきてるんやろな。

マツコ バイト代でCD買ったら、「これってクソだわ」と思っても、とりあえず最後まで60分聴いたじゃない。“気に入らない”から生まれてくるものって、絶対にあると思うんだけどな。

井筒 最近は芸能人もブログやらツイッターだけで生活してるヤツが多いらしいけど、あれもほんまに薄っぺらい構造やと思うわ。

マツコ 芸能人のブログとか真剣に見てる人って、どれくらいいるの?

井筒 知らんけど、アサ芸の人間に聞いたら、元アイドルでブログのクリック数だけで広告収入が月に500万あるヤツもいるって言ってたわ。今日び、芸能界は脱ぐよりブログのほうが儲かると。ほぼ詐欺やぞ、それって!

マツコ ブログで月収500万? ハハハハハ‥‥。

井筒 で、内容は晩メシに何を食った、病気になった、子供がクソした、どーでもいい私生活を毎日更新してんねん。ドアホやろ!

マツコ 私はそこまでしてお金を稼ぎたくないわ~。

井筒 そんなところでスマホのアソコいじりレベルで話題になってる芸能人モドキとか、芸能人気取りのくだらない政治屋とか、ほんまにどーでもええねん。

マツコ そうそう。話題にしただけで負けよね。だからあんなヤツら、放っておけばいいと思ってる。

井筒 しかし、そんな薄っぺらい時代やから、エロい女優もさっぱりいなくなったわけよ。

マツコ ほんと、エロい女優っていないわよね。週刊誌に「渾身の濡れ場!」って書いてあっても、どうせオッパイ見せてないんだろって! 要はオッパイ見せても、資生堂が起用してくれる女優になればいいんだけどね(笑)。

井筒 ワハハハ、まさにそれや。みんな、一斉にオッパイ見せてみろって!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白
2
体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた
3
大竹しのぶ「男を吸い尽くす」魔性の手口(1)略奪婚で「泥棒猫」と罵倒された
4
元SMAP「72時間番組」で危ぶまれる「視聴不可能」の大トラブル!
5
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情