芸能

友近が“無礼なトーク”で黒柳徹子をイラ立たせ「共演NG」に!

20160125tomochika-2

 昨年末の紅白歌合戦で総合司会を務め、健在ぶりをアピールした黒柳徹子。

 芸歴60年を超え、日本屈指の大物芸能人として君臨する彼女だが、「ある芸人が黒柳をキレさせた」との証言が関係者から聞こえてきた。

「1月18日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に友近さんが出たんですが、途中からひどく険悪な空気になりました。友近さんといえば、黒柳さんのモノマネが得意な『徹子の部屋芸人』としても有名で、黒柳さん自身も気に入っていたようなのですが、今回の『徹子の部屋』は致命的でした。テレ朝の人間も『二度と共演させられない』と嘆いていましたね」(テレビ関係者)

 いったい何が起こったのだろうか。番組関係者が明かす。

「番組後半、友近さんが『芸歴50年』と称する架空のベテラン演歌歌手『水谷千重子』として衣装を着替えて再登場したんです。もちろん台本通りなんですが、このキャラを演じたトークが黒柳さんの逆鱗に触れました。『水谷千重子』として話すエピソードを黒柳さんは完全スルー。たびたび『もういいです』と話を打ち切っていました。実際、観ていて友近さんのトークは気持ちのいいものではありませんでした。黒柳さんからすれば、ネタのキャラと話すこと自体が馬鹿馬鹿しいでしょうし、仮にネタでも『芸歴50年』を称した振る舞いを不遜に感じられたに違いありません。完全にスタッフのキャスティングミスですよ」

 友近には気の毒だが、「徹子健在」を感じさせられる一幕でもあった。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
2
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
3
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気