芸能

次々と暴かれるベッキーの裏の顔、「いい子キャラ」豹変の原因はアノ番組か!?

20160131becky

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不貞騒動以来、ベッキーの裏の顔が次々とメディアで暴露されている。「相手によって態度を変える典型的なタレント」「ひざ掛けを持ってきたCAに舌打ちした」「ADによくキレる」など、真偽不明の情報が飛び交っているが、好感度NO1だった元気印のベッキーの姿は全て演技だったのだろうか?

「酒井法子の騒動で、所属事務所が大変だったときに頑張ったのがベッキーです。当時は『そんなに働いて、ちゃんと休めているの?』と同業者から心配されるほどでした。でも彼女は『仕事大好きだから』と笑顔で答える。だから、少々ベッキーが張り切りすぎて共演者が“ウザい”と感じても口にしなかったんです」(芸能ジャーナリスト)

 また、芸能関係者は「木部さんキャラを作ったころから変わった」と話す。

「ベッキーとは真逆の、暗くて毒のある“木部さんキャラ”を『モニタリング』(TBS系)でやり始めてから、黒ベッキーが顔を出した感があります。もしかしたら、今まで抑えていたものが木部さんで解放されたのかもしれません。遅れてきた反抗期なんですかね」

 たしかにネット上でも“木部キャラ批判”は多い。レギュラー番組は継続しているものの、大手CM10本が消えたベッキー。4月の改編で生き残れるかどうか、“遅れてきた反抗期”の代償はあまりにも大きかった。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
安室奈美恵を引退に至らしめた6年前の「カネがらみトラブル」!
2
吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!
3
爆死!実写版「ジョジョ」は公開前から酷評も“怖いもの見たさ”に賭けていた
4
江角マキコの落書きどおり?長嶋一茂が放った一言に共演者が凍りついた!
5
水着姿で汗だく! 元AKB永尾まりや「火照り姿」にファン大興奮