芸能

SMAP騒動で最注目…女帝が築いたジャニーズ帝国“闇の粛清史”(1)豪腕・メリー喜多川副社長とは?

20160211z1st

 沈静化したSMAP騒動だが、公開処刑と言われた生放送謝罪がなかったことのように、「美談」仕立ての後日談が芸能面に躍っている。再注目されたのは帝国・ジャニーズを作り上げた女帝の豪腕だろう。マスコミへの裏工作、スキャンダルのもみ消し、反目タレントの粛清──鉄の掟の闇歴史を全部書く!

 SMAPの分裂、独立騒動は、ひとまず落ち着きを取り戻したようだ。周知のとおり、SMAPはそのままジャニーズ事務所に残留。今回の独立話を仕掛けたとされるSMAPのチーフマネージャー・Iさん(58)だけが事務所を去ることになった。

 もっとも、奇妙でチグハグな“生放送公開謝罪”のインパクトもあって、事務所に対する反感の声は強まるばかり。とりわけ集中砲火を浴びているのが、キーマンとなった女帝・メリー喜多川副社長(89)だ。

 ジャニーズ事務所は「ジャニーが育て、メリーが売る」と言われるように、ジャニー喜多川社長(84)がタレント育成、メリー副社長が経営面を担当することで成長してきた。これまで、多くのスキャンダルが起きてきたが、舞台裏で処理してきたのもメリー氏である。

「各テレビ局のトップをはじめ、出版社、広告代理店、スポンサー筋など関係業界の幹部に太いパイプを持ち、時には強引と思われるような手段も使って事務所を守ってきた。もちろんジャニー社長独特の原石を見つけるセンスも重要ですが、それ以上にメリーの豪腕が今のジャニーズ帝国を作ったといっても過言ではない」(芸能プロ関係者)

 実をいえば、今回の騒動の背後でも、メリー氏がその“豪腕”を振るって事態をコントロールしていたという見方が強いのだ。

 そもそも、この騒動のきっかけを作ったのはメリー氏自身である。1年前の「週刊文春」に掲載された独占インタビューにおける“パワハラ退社勧告”がそれだ。

 ジャニーズ事務所には、メリー氏の実娘で嵐やV6をプロデュースした藤島ジュリー景子副社長(49)と、SMAPの育ての親であるIさんとの間に“派閥争い”があると報じられてきた。ところがメリー氏はこのインタビューで「もしジュリーとIが問題になっているなら、私はジュリーを残します。自分の子だから。Iは辞めさせます。それしかない」と宣言。Iさんを取材現場に呼び出し、こう迫ったのだ。

「対立するならSMAPを連れて今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさい」

 SMAP関連の年間売り上げは軽く250億円を超えるものだが、そのSMAPを失ってでも、娘のために事務所内の対立勢力を排除しようとしたことが発端だった‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
2
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
3
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情