事件

慶応大学「外道サークル・広告学研究会」の戦慄余罪!(2)「俺は富裕層向けビジネスをやってる」

20161103v2nd

 広研のさらなる乱痴気行状について、メンバーとも交流のある現役の早稲田大学生が証言する。

「去年の5月頃、恵比寿で広研メンバーが借りている、通称『パーティルーム』に呼ばれて、男女15人くらいで飲んだんです。普通に借りたら、月20万ぐらいはしそうな、何部屋もある広い物件でした」

 もちろん、ただ酒を飲んで終わるわけではなく、途中から「2人で飲む」と言って別室に移動する男女が何組も生まれた。シケこんだ部屋から嬌声が漏れ聞こえてくる中、広研メンバーから脱法ハーブを詰めた特製のタバコまで勧められたという。

「他にリキッド状の脱法ドラッグもあって、パーティ参加者はみんな、泥酔しているうえにラリってました。しばらくしたら別室にいた連中がぞろぞろとリビングに集まってきて、みんなで乱交状態に発展したんです。バカらしくなって、黙って1人で帰りました」(前出・早大生)

 ちなみに、高級賃貸を所有できるほどの財力には、こんな秘密もあった。

「そのパーティルームの借主だったメンバーは当時、『俺は富裕層向けビジネスをやってる』と言ってました。聞こえはいいけど、知り合いの社長たちに愛人志望の女の子を斡旋して金をもらっていたんですよ」(前出・早大生)

 学生の身分で女衒のまねごととは、いったい何の集まりなのか‥‥。また、別の幹部メンバーも、

「個人で企業から直接PR案件を請けて、いろいろなところで宣伝して金をもらっている」

 と公言するなど、とにかく学生とはにわかに信じがたいほど、“業界ノリ”が濃いのが慶大広研の特徴なのだという。

「ウソかホントか知りませんけど、今年の夏に呼ばれて行った広研の飲み会では、人気女性タレントOの名前を出して、『最近、一発ヤッたんだよ』と吹聴しているメンバーがいました。ふだんからそんな言動ばっかりの連中だから、これまでバレてなかっただけで、他にも山のような余罪があると思いますよ」(前出・早大生)

 ミスコンや海の家の運営など、一見すれば「華やかな学生生活」と映る活動に目をくらまされたのだろうか。集団強姦には加わっていなかった、ある1年生の広研メンバーは騒動後、友人にこう漏らしたという。

「正直、あんなに楽しいサークルはなかった。なくなって悲しいよ‥‥」

「反省」する意識はないようである。「気品の泉源、知徳の模範‥‥以て全社会の先導者たらんことを欲するものなり」と説いた慶大創立者の福澤諭吉が、泣いている。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
2
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情
3
戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!