エンタメ

藤井五段が「公式戦初対局」で羽生竜王に勝利する確率がわかった!

 史上最年少のプロ入り、デビューから29連勝と数々の記録を塗り替えてきた藤井聡太五段(15)。目前に迫った、「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)を相手にどんな戦いを見せるのか──。2月17日(東京・有楽町朝日ホール)に行われる“世紀の対局”の観戦チケットは即日完売。注目度の高さを改めて世に知らしめた。この公式戦初対決は、将棋史に残る重要な一戦になるのはもちろん、対決できること自体が、藤井五段の傑出した実力を物語っているという。

「すべての棋士にとって、羽生戦は特別。一度も対戦できないまま引退する棋士が全体の2~3割いると言われているぐらいで、当たることすらなかなか簡単には叶いません」

 と言うのは、「羽生善治 夢と、自信と」(学習研究社)の著書がある将棋記者の椎名龍一氏。竜王戦や棋聖戦といった大会でタイトルホルダーの羽生竜王と相見えるには、挑戦者決定戦を勝ち進んで、その高みまでのぼりつめなければならないからだ。今回、藤井五段は「朝日杯将棋オープン戦」のトーナメントを勝ち進み、準々決勝で佐藤天彦名人(30)を破ったことで、次戦の準決勝で羽生竜王とぶつかることになったのだ。はたして、藤井五段は「羽生打倒」という下克上を果たせるのか。2月13日発売の「週刊アサヒ芸能」2月22日号では藤井五段の大一番を大胆シミュレート。両者の強さを徹底分析した注目の特集記事になっているが、その記事中でも登場する「藤井聡太 天才はいかに生まれたか」(NHK出版新書)の著書を持つフリーライターの松本博文氏は、「藤井五段が勝つ確率はズバリ4割」と断言したうえで、その根拠を明かす。

「朝日杯将棋オープン戦は持ち時間が各40分という早指し戦。一般的に持ち時間が短いほうが、若手にとって有利と言われています。短時間で手を読みきる“瞬発力”ではやはり若手に分がありますからね」

 日本中が注目する対局の行方やいかに。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
ラストアイドルの初ワンマンに「若いアイドルに見せるな!」との声が出るワケ
3
メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲
4
小泉今日子「52歳の爛熟ボディ」に迫る!(1)酔うと潤んだ目でジッと見る
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?