芸能

深作欣二「仁義なき戦い」の脚本に一目惚れ

 監督・深作欣二の名声を高めただけではない。東映という会社を、主役からワキに至る役者たちを、あるいは日本中の男たちの運命すらも変えてしまった“熱塊”の映画──それが「仁義なき戦い」である。公開から40年、そして深作が世を去って10年がたとうとも、その魅力はギラギラと輝くばかりだ。

「これはぜひ俺にやらせてくれ! こんなすばらしい脚本はないよ」

 東映のプロデューサー・日下部五朗のもとへ、深作欣二は息せき切って駆けつけた。完成したシナリオを東京へ送ってから、わずか2日後には京都へやって来たのだ。

 そのシナリオは稀代の脚本家である笠原和夫によって書かれた。日下部と笠原が別件で作家・飯干晃一の家へ寄ったところ、美能幸三元組長の獄中手記を見せられた。実際に起きた「広島ヤクザ戦争」が当事者によって克明に描写され、飯干は手記をもとに週刊誌で連載を始めるという。

 一読した日下部は興奮を抑えきれず聞いた。

「これ、連載のタイトルは何ていうんですか?」

「ああ、『仁義なき戦い』っていうんや」

 ──この瞬間、日本の映画史に燦然と輝「仁義なき戦い」(73年/東映)が一気に鳴動する。

 日下部は初の自伝「シネマの極道」(新潮社刊/12月21日発売)を書き終えたばかりだが、長いプロデューサー人生の中でも「仁義──」は格別だった。

「これは画期的な題材になると思ったし、笠原さんの脚本も生涯作品で突出したレベルだった。これにサクさんが『ぜひやりたい』と言い、菅原文太も『これは俺しかいない』と手をあげてくれた。映画は、そこまで入れ込んでくれる人じゃないと成功しませんから」

 実は深作以外の監督や、主演俳優にも渡哲也や松方弘樹の名が候補にあがったが、日下部は当初の予定どおりに2人を軸とする。脚本の笠原は「あいつはシナリオをいじりまくる」と難色を示したが、深作は一切、手を入れないことを約束した。

 当時の東映は、日本の映画人口が激減していることに加え、長らくドル箱だった「任侠路線」が頭打ちとなっていた。そこに新機軸として白羽の矢が立ったのが「実録路線」だったのである。

 深作はこれまで大きなヒット作はなかったが、テンポのいい演出やバイオレンスの描き方に定評があった。同じ東映でも新興の東京撮影所にいた深作が、初めて老舗の京都撮影所に乗り込んだ形である。

「僕もプロデューサーとして初めてサクさんと組んだけど、役の作り方なんかはさすがだと思った。これに役者たちが期待以上の芝居をしてくれて、情熱にあふれた映画になったよね」

 以来、日下部は時代劇復興の「柳生一族の陰謀」(78年/東映)など、節目ごとに深作を立てた。そこには、深作と同じく「様式美の破壊」で意見が一致した。

「サクさんも『柳生一族──』が初めての時代劇だったけど、今までの義理人情じゃなく、実録タッチでやろうよと。要は『仁義なき戦いの時代劇版』でいいじゃないかと。最後に徳川家光のクビが取られるなんて史実にはない大ウソだけど、それを撮れるのが深作欣二だったんだ」

 そして斬新な試みは東映に莫大な利益をもたらすこととなった‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由