芸能

梅宮辰夫が「仁義なき戦い」に遺した“伝説の親分”との交流が生んだ名演

 映画監督・ライターの杉作J太郎氏は、何度も取材を重ねた俳優・梅宮辰夫の魅力をこう語った。

「一見サラッと軽い印象ですけれど、スターとしての誇りと自負を誰よりも強く抱えている人でしたね」

〈広島極道はイモかもしれんが、旅の風下に立ったことは一遍もないんでぇ〉

 凄む武田明役の小林旭に神戸の顔役・岩井信一に扮した梅宮が切り返す。

〈よおし、おんどれらも吐いたツバ飲まんとけよ〉

 実録映画の傑作「仁義なき戦い 頂上作戦」(74年、東映)で見せた、シリーズ屈指の緊迫した場面だ。

ここで岩井に扮した梅宮は、両のマユを切り落とした異様な姿で、迫力を倍増させている。

 演じた岩井のモデルは、三代目山口組若頭で、山建組の山本健一組長(82年没)で、梅宮とは浅からぬ因縁があったと明かした。

「若い頃は歌でキャバレー営業をこなして、神戸の店に出ていたら若いヤクザに『親分に挨拶がない』って怒鳴られてね。連れて行かされた先にいたのが山建さん。何のことかわからなかったが頭を下げたら、そこからはかわいがってもらえた。岩井の役をやることになったら、組の若頭に『しっかりやってくれよ』と激励もされたよ」

 マユを剃り落としたのも、組長の風貌に合わせてのこと。梅宮は「今の時代は問題あるかも」と前置きしながら、きっぱりと言った。

「ヤクザの役を演じるんだったら同じメシを食い、同じ酒を飲み、時には一緒にソープに行くような…そんな“匂い”を吸収することも大事だったんだよ」

 12月17日発売の週刊アサヒ芸能12月26号の緊急記事では、さらに名うてのプレイボーイとして鳴らした梅宮の秘話、また様々なパブリックイメージの下に隠された素顔へと肉薄していく。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった