芸能

ひっそり復帰していたリア・ディゾンが“驚愕の姿”になっていた!

「グラビア界の黒船」と呼ばれ、リア・ディゾンが日本で華々しくデビューしたのは2006年のこと。キュートなルックスに、大胆なショットも惜しまない姿勢は、70年代のアグネス・ラムの再来となる人気を獲得。写真集がベストセラーになっただけでなく、歌手としても07年には紅白歌合戦に出場している。

「そんなリア人気がピークにあった08年、スタイリストとの『できちゃった婚』を発表。リアは『ポイしないでください』とファンにすがりましたが、人気の急降下は避けられなかった」(芸能リポーター)

 リアは出産後にスピード離婚し、ニューヨークに戻ってシングルマザーとなる。日本では忘れられかけた存在になっていたが、実は19年7月から、ひっそりと「日本での音楽活動」を再開させた。そして今年3月には、再開第2弾となるシングル「ONLY YOU」の配信を開始したのだが…。さる音楽ライターが言う。

「世の中がコロナ禍にあるという事情もあるが、まったく話題になりませんでした。唯一、明け方のテレビ東京の番組でMVが流れましたが、世界的に有名なレスリー・キーの映像監修でありながら、その姿は痛々しかった」

 約5分のMVのほとんどで、リアは大きな球体ライトを手にしている。前出の音楽ライターが続ける。

「ライトの強い光で顔の肌を飛ばす効果があるんですが、それでも隠し切れないほど顔全体の吹き出物など状態がひどかった。あれほど肌が麗しかったリアと思えないほど“劣化”して見えました。まだ33歳とはいえ、肌の老化は急激にやってきたようです」

 それでも、デキ婚の時以上に「ポイしないで」とファンに訴えるのだろうか…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”