スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「本格化レッドローゼスが勝つ」

 中央場所での短い福島開催。その2週目のメインは恒例の七夕賞だ。

 先週のラジオNIKKEI賞と同じくハンデ戦で、昭和の時代からそうだが、簡単に人気どおり収まらない、波乱含みの一戦として知られており、今年も穏やかに決まりそうにはない。この時期にしては顔ぶれもなかなか。しかも、フルゲート(16頭)になりそうだからだ。

 ウインイクシード、エアウィンザー、オセアグレイト、クレッシェンドラヴ、ジナンボー、タガノディアマンテ、マイネルサーパスといったところが人気、有力どころとして挙げられる。だが、伏兵視されている馬も多彩で、とにかく一筋縄で収まりそうにない。

 しかも、この梅雨時。一雨くれば様相は一変、どう転ぶか、わかったものではない。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、馬単での万馬券は7回(馬連では6回)。連勝馬券での万馬券は決して多いとは言えないが、1番人気馬は4勝(2着3回)、2番人気馬はわずか1勝(2着3回)のみ。しかも1、2番人気馬でのワンツー決着が一度もなかったことからして、いかに難解な一戦であるかがわかるだろう。

 年齢的には、勢いを増している4歳馬よりも充実著しい5歳馬、さらには古豪である6歳馬(過去18年で7勝、2着7回)の活躍が目立っていることに留意すべきだ。

 斤量では、ハンデ戦だけに力どおりというわけにはいかないが、56キロ以上を背負う馬がよく連対を果たしている。57キロ馬が過去18年で7勝と最も多く、59キロ馬も勝っている。実績馬を軽く見てはいけない、ということだろう。

 今年も悩むところだが、穴党として期待を寄せたいのは、レッドローゼスだ。

 このところの成績が冴えず、頭打ちとみられているようで評価は低いが、穴党としては好都合である。

 そもそも、ひ弱さがつきまとい、連続して使えない弱点を抱えていた馬で、期待どおりの走りを見せられないでいた。しかしそれでも、徐々にたくましくなってきており、心身のバランスがかみ合ってきたのか、休み明け後の前2走は、着順はともかく、健闘ぶりが目立っていた。

 この馬がオクテ、晩成型だったとみれば、ここにきてようやく本格化してきたと捉えられなくもない。

 今回は休み明けを使われて3戦目。この中間は稽古の動きが実に軽快で、体調のよさが伝わってくる。1週前の追い切りもリズミカルだった。国枝調教師も、「衰えがないばかりか、ここ何戦かでは最も雰囲気がいい。ここでも力は見劣らないと思う」

 と、状態のよさにヤル気のほどをにじませている。

 ステイゴールド×ガリレオ×ナシュワンと、血統的にもオクテであることはわかるし、道悪になっても不安はないはず。ハンデは恐らく55~56キロ。福島で1勝をあげているように相性はよく、チャンスは十分あるとにらんでいる。

 逆転候補に挙げたいのはリュヌルージュだ。

 中山牝馬S(14番人気で2着)の時も重い印を打ったが、とにかく懸命に走るタイプ。前走のマーメイドS(3着)は、やや重め残りで復調一歩手前。それでも最後までよく頑張っていた。

 その前走が53キロだったことを思うと、牡馬混合となる今回は51~52キロ。器用で先行力があり、小回り福島は大歓迎。引き続き状態はよく、晴雨にかかわらず一発があっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪