スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「高素質馬アメリカンワールドが穴だ」

 共同通信杯。これが今週のメインだ。春のクラシックの一里塚。東京が舞台ということで、ダービーをより意識している馬が集う一戦だ。よって、毎度のことながら顔ぶれがいい。

 各陣営、かなりの素質馬、期待馬を送り出してきたことでもそれはわかるが、ざっと見渡して今回もクラシック候補と見られる馬は少なくない。

 まずは、これまでを振り返ってみよう。馬単が導入されたのが03年。それからこれまでのレースで勝ち負けして、のちにGIを制した馬も少なくない。

 昨年の勝ち馬スワーヴリチャードはダービーで2着に頑張ってみせた。明け4歳になっての今期が実に楽しみな馬である。06年の勝ち馬アドマイヤムーンは、ジャパンCを制し、海外に遠征。GIドバイターフを勝利した。他にも12年ゴールドシップ(皐月賞、菊花賞)、14年イスラボニータ(皐月賞)、16年ディーマジェスティ(皐月賞)など、ここを勝って大きく飛躍する馬は多い。

 そうしたことを思うと、今年もここを踏み台に皐月賞、ダービーの有力候補に躍り出る馬がいるとの見方は間違いとは言えまい。

 そう意識して顔ぶれを見てみると、なかなかの素質馬ぞろいの一戦だということがわかる。

 新馬-重賞と連勝、はやばやとクラシック候補に躍り出たグレイルを筆頭に、目下連勝中のゴーフォザサミット、オウケンムーン、さらにはGIホープフルSで見せ場たっぷりに3着に突っ込んだステイフーリッシュ、未勝利を勝ち上がったばかりだが、その素質を高く評価されているブレステイキングなど多士済々だ。

 いずれの馬にもチャンスがあって不思議なく、馬券的にはけっこう難しい一戦と言っていいだろう。

 悩むところだが、前述した有力どころでは、おもしろくあるまい。むろん、そうした人気馬に、よりチャンスはあると思うが、そう簡単にいかないのも競馬。素質馬ぞろいとあっては、評価が低い馬に目を向けるのも一考ではないか。

 穴党として期待したいのは、そんな一頭、アメリカンワールドである。

 未勝利を勝ち上がったばかり。走破時計も取り立てるほどではないのだから、軽く見られてもやむをえないところ。

 が、栗毛の馬体は実に美しく、あか抜けた好馬体。レースでは2、3番手につけ、ゴーサインとともに抜け出してくるセンスのよさから、これはかなりの素質馬だということがうかがい知れる。前走、未勝利を勝ち上がった際は、そうしたセンスを感じさせるもので、昇級戦のここでもやれて不思議はない。

 この中間は順調そのもの。1週前の追い切りも文句なく、さらに地力強化されていることは明らかだ。であれば素質馬、強敵ぞろいのここでも十分勝負になっていい。

「外国産馬だが、デビュー前から出世してくれるだろうと期待を寄せていた素質の持ち主。さらに状態はよくなっているので、ここでも楽しみ」

 こう言って藤岡健調教師はじめ、厩舎スタッフは期待を込める。ならば、こちらとしても大いに注目したいところだ。

 父はターフクラシック招待などGI2勝の北米芝牡馬王者のキトゥンズジョイで、叔父にGIシューメイカーマイルS勝ちのタルコがいる血筋。馬体のよさに加え、こうした血統であれば期待しないわけにはいかないだろう。

 先行できて、速いラップを踏んでもバテない力量馬。東京の1800メートルはピッタリでもある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」