スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「モルトアレグロの瞬発力に◎」

 2歳女王決定戦である阪神ジュベナイルフィリーズが今週のメイン。昨年のソウルスターリングのような絶対視できる馬は見当たらない。といっても有力候補は多く、各馬のレベルは高そうだ。

 ルメール騎手とコンビを組むロックディスタウンがいちおう、最右翼と見られるが、ラッキーライラック、マウレア、ベルーガ、さらにはコーディエライト、リリーノーブルといったところが人気どころ。力量に大きな開きがあるとは思えず、また伏兵陣も多彩。激しい競馬になること請け合いだが、馬券的にもかなりおもしろそうだ。

 馬単導入後のこれまでの15年間、その馬単で万馬券になったのは4回(馬連3回)。1番人気馬は5勝(2着3回)、2番人気馬は1勝(2着2回)。そう大きく荒れることが少ない反面、1、2番人気馬のワンツーで決まったのは、昨年の1回のみ。まずは中穴傾向のGI戦と見ていいか。

 混戦が予想される以上、前述の人気、有力どころを主力と見るわけにはいかない。最も期待を寄せたいのは、モルトアレグロだ。

 当初は短距離馬と見られ、そのとおりデビュー戦はダート1000メートル(1着)。2戦目も芝の1200メートル(2着)で、こちらとしても短い距離向きの馬という判断をしていた。

 が、前走のレースを見てその印象は間違いでは、と思い直すことにした。泥田のような極悪馬場の中、身上の切れ味は殺されると軽く見ていたが、2着馬をゴール寸前でとらえ、力でねじ伏せるがごときの勝利。この勝負根性には正直、驚かされた。

 直線の長い東京でこの芸当だ。瞬発力だけが持ち味ではないことを見せつけたわけで、この優れたレースセンスをもってすれば、1ハロン距離が延びても問題ないはずである。陣営もそう判断して挑戦させたのだろう。武井調教師もこう期待感を口にする。

「初めは引っ掛かる面があったが、控える競馬を覚えさすと、すぐにも飲み込んだ。賢い馬で、これならマイルも大丈夫。落ち着きも出てきており、このへんにも成長がうかがえる」

 1週前の追い切りはテンにゆっくりと、しまい重点に追われたが、鋭い伸びで前を行くパートナーと併入して見せた。「来週も軽めで十分」と武井師は納得の表情だった。前走時470キロと牝馬にしては馬格があり、関西までの長距離輸送もクリアしてくれるはずだ。

 父は短距離馬だが、同僚のリエノテソーロは同じスペイツタウン産駒ながらマイル戦を最も得意としている(全日本2歳優駿勝ち、NHKマイルC2着)。半兄ポインツオフザベンチは、ビングクロスビーSなど6ハロンのGI2勝のスプリンターで、近親、一族に活躍馬が多い優秀な母系の出。ダート、芝の道悪でも問題なかったが、良馬場ならさらに力を出せるタイプ。距離が不安視され、評価が下がるようなら、穴党としては好都合。期待大だ。

 相手の筆頭にあげたいのは、人気の一角ベルーガだ。前走のファンタジーSは、強烈な末脚で一気の差し切り勝ち。これで新馬-重賞と2連勝だが、この中間もいたって順調。近親に女傑ヒシアマゾン、アドマイヤムーン(ジャパンC)など、活躍馬が多数いる良血。好走必至だ。

 500万条件馬12頭のうち、抽選で8頭が出走できる。この中にもチャンスがあっていい力を秘めた馬が何頭かいる。中でも注目したいのがトーセンブレスナディアだ。

 ともに強烈な末脚が武器で、母系も優秀。この両馬が出走できるようなら一票投じる価値は十分。特に後者で、小兵だが勝負根性は抜群。魅力たっぷりの穴馬と言っておこう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白