スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「本格化レッドローゼスが勝つ」

 中央場所での短い福島開催。その2週目のメインは恒例の七夕賞だ。

 先週のラジオNIKKEI賞と同じくハンデ戦で、昭和の時代からそうだが、簡単に人気どおり収まらない、波乱含みの一戦として知られており、今年も穏やかに決まりそうにはない。この時期にしては顔ぶれもなかなか。しかも、フルゲート(16頭)になりそうだからだ。

 ウインイクシード、エアウィンザー、オセアグレイト、クレッシェンドラヴ、ジナンボー、タガノディアマンテ、マイネルサーパスといったところが人気、有力どころとして挙げられる。だが、伏兵視されている馬も多彩で、とにかく一筋縄で収まりそうにない。

 しかも、この梅雨時。一雨くれば様相は一変、どう転ぶか、わかったものではない。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、馬単での万馬券は7回(馬連では6回)。連勝馬券での万馬券は決して多いとは言えないが、1番人気馬は4勝(2着3回)、2番人気馬はわずか1勝(2着3回)のみ。しかも1、2番人気馬でのワンツー決着が一度もなかったことからして、いかに難解な一戦であるかがわかるだろう。

 年齢的には、勢いを増している4歳馬よりも充実著しい5歳馬、さらには古豪である6歳馬(過去18年で7勝、2着7回)の活躍が目立っていることに留意すべきだ。

 斤量では、ハンデ戦だけに力どおりというわけにはいかないが、56キロ以上を背負う馬がよく連対を果たしている。57キロ馬が過去18年で7勝と最も多く、59キロ馬も勝っている。実績馬を軽く見てはいけない、ということだろう。

 今年も悩むところだが、穴党として期待を寄せたいのは、レッドローゼスだ。

 このところの成績が冴えず、頭打ちとみられているようで評価は低いが、穴党としては好都合である。

 そもそも、ひ弱さがつきまとい、連続して使えない弱点を抱えていた馬で、期待どおりの走りを見せられないでいた。しかしそれでも、徐々にたくましくなってきており、心身のバランスがかみ合ってきたのか、休み明け後の前2走は、着順はともかく、健闘ぶりが目立っていた。

 この馬がオクテ、晩成型だったとみれば、ここにきてようやく本格化してきたと捉えられなくもない。

 今回は休み明けを使われて3戦目。この中間は稽古の動きが実に軽快で、体調のよさが伝わってくる。1週前の追い切りもリズミカルだった。国枝調教師も、「衰えがないばかりか、ここ何戦かでは最も雰囲気がいい。ここでも力は見劣らないと思う」

 と、状態のよさにヤル気のほどをにじませている。

 ステイゴールド×ガリレオ×ナシュワンと、血統的にもオクテであることはわかるし、道悪になっても不安はないはず。ハンデは恐らく55~56キロ。福島で1勝をあげているように相性はよく、チャンスは十分あるとにらんでいる。

 逆転候補に挙げたいのはリュヌルージュだ。

 中山牝馬S(14番人気で2着)の時も重い印を打ったが、とにかく懸命に走るタイプ。前走のマーメイドS(3着)は、やや重め残りで復調一歩手前。それでも最後までよく頑張っていた。

 その前走が53キロだったことを思うと、牡馬混合となる今回は51~52キロ。器用で先行力があり、小回り福島は大歓迎。引き続き状態はよく、晴雨にかかわらず一発があっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」