スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「穴はエングレーバーの変わり身」

 今週の中山競馬のメインは、セントライト記念。菊花賞のトライアルレースだが、来週、阪神で行われる神戸新聞杯(ともに3着までに優先出走権)が2400メートルで争われるようになってから、菊の前哨戦としての重みは、そちらに譲った格好だ。

 しかしそれでも、本番をも制したキタサンブラックなど、以後GIで活躍する馬が勝ち負けしており、目が離せない重要な一戦であることには違いない。

 今年は馬柱を見てもらえばわかるとおり、フルゲート(18頭)必至。神戸新聞杯ほどではないにせよ、将来性のある馬が少なくなく、しぼり込むのは、なかなか難しい。

 獲得賞金から出走権を得ているのは10頭で、あとは2勝クラス(900万条件)による抽選となる。

 とはいえ、出走権を有する既成勢力で名の挙がる有力候補は、オセアグレイト、ザダル、ニシノデイジーぐらい。いずれもひと息入ったあとの一戦ということで、調整過程を見てみると、期待に応えられるかは微妙なところだ。

 魅力的な存在は、やはり抽選対象の2勝クラス馬の中に多いように思われる。

 馬単導入以降のこれまでの17年間、その馬単での万馬券は5回(馬連2回)。この間、1番人気馬は5勝(2着5回)、2番人気馬は3勝(2着4回)。そして1、2番人気馬のワンツー決着が6回。ということで比較的に人気、有力どころが上位争いを演じてはいるが、今年はそう簡単に決まりそうにない。

 穴党としては、やはり抽選待ちの2勝クラスの馬に目が行ってしまう。除外を恐れずに、まず名を挙げたいのがエングレーバーだ。この馬をイチオシしたい。

 休み明けとなった前走・宮崎特別は、古馬との初顔合わせ。逃げて2着に敗れたが、久々で落ち着きがなく、道中、何度か折り合いを欠く場面があった。が、それでも頑張り通したところを評価したい。

 前々走のプリンシパルS(2着)では、今回、有力視されているザダルにクビ差惜敗。この時もレース間隔が空いたせいか、道中スムーズさを欠いていた。それでも好勝負に持ち込むあたり、自力はかなりのものと見ていいだろう。

 近親、一族にこれといって大物はいないが、3冠馬オルフェーヴル産駒で、祖母の父がトニービン。長丁場はお手のものと言ってよく、ここで菊の出走権を得られるようなら、本番でもおもしろい存在になる。

 中山は1戦1勝。休み明けを使われての変わり身に期待だ。

 2勝クラスにはもう1頭、魅力的なダークホースが潜んでいる。エターナルヴィテスが、それだ。

 1勝クラスを勝ち上がったばかりだが、その内容がよかった。スムーズに折り合っての完勝劇。均斉の取れた好馬体で、柔軟性に富んだ走りをする馬。これからグングンとよくなっていく素質の持ち主とみたい。

 サンデーサイレンスの3×4の近親配合(奇跡の血量)馬で、母系は欧州の名門血脈。この中間、さらに良化気配にあり、大勢逆転があっていい。

 出走権を得ている中で注目したいのは、南関東公営(船橋)から挑戦するミューチャリーだ。

 周知のとおり羽田盃(皐月賞に相当)を制し、東京ダービー2着。前走のJDダービーは中央勢を相手に3着と健闘した実力派だ。

 ここを目標にじっくりと乗り込まれ、仕上がりは上々。祖母は中央で活躍しており、単なるダート馬とみるのは間違いで、芝の対応力は十分あるだろう。母系から距離の不安もなく、要注意馬と言っていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」