スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ミスマンマミーアの末脚炸裂」

 今週のメインは、よく荒れる重賞として知られる函館記念である。

 私事で恐縮だが、この重賞は思い入れが強い好きなレースの一つだ。現地での取材を長く続けてきたこともあるが、それが今年はコロナ禍のためにプツンと切れてしまった。競馬施設での取材は東西のトレセンを含め、どこも制限されており、年配である私には、お鉢が回ってこなかったわけだ。

 それでもこの原稿をしたためているレース1週前にして、浮き足だっている自分に気づく。過去、万馬券(馬単、馬連)が何度も飛び出しており、そのうちの何回かをモノにしている。

 そんなこともあってのことだが、今年も顔ぶれを見ればわかるとおり、一筋縄では収まりそうにない。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、馬単で万馬券になったのが半数の9回もある(馬連では4回)。この間、1、2番人気馬でのワンツー決着は3回出ていながら、1番人気馬は3勝(2着3回)、2番人気馬も3勝(2着2回)というもので、とにかく人気、有力どころですんなりとは決まりにくい重賞なのだ。

 他の重賞同様、充実著しい5歳馬が最も連対を果たしているが、その反面、7歳、8歳の高齢馬(中には10歳馬も)の健闘が目立つのが特徴だろうか。荒れる理由は、こうしたところにありそうだ。

 さて今年は、どうだろう。ざっと見渡しても、人気順をつけるのさえ難しい、そんなメンバー構成である。しかもハンデ戦だけになおさらだ。

 目移りするが、穴党としては牝馬に目をつけ、期待を寄せてみた。狙いは充実ぶりが目立つ、ミスマンマミーアである。

 過去18年間で見ると、牝馬の活躍はきわめて少ない。出走頭数が多くないことによるものだが、連対を果たしたのはわずか2頭で、勝ち馬はいない。とはいえ、この2頭ともミスマンマミーアと同じ5歳馬。決して軽く見てもらっては困る。

 ダート実績があり、3歳初めに地方競馬(船橋)に移籍したが、芽が出ずに再び中央へ。今度は芝で活路を見いだし、昨秋は3勝クラスの身で重賞(エリザベス女王杯、中日新聞杯)に挑戦。しかし、その時点ではさすがに荷が重く、今春、放牧。これでリフレッシュさせ、成長を促したのが大きく奏功した。

 休み明け初戦となった烏丸Sでは、インから強烈な差し脚を発揮して勝ち上がったが、それまで見られなかった好内容に寺島調教師をはじめ、厩舎関係者が「ようやく本物になった感じ。これからが楽しみ」と、口をそろえるほどだった。

 続く前走のマーメイドSは9着に敗れたが、これは前残りのレース展開の中、最後方からの競馬ではさすがに厳しかった。パドックでも落ち着きを欠いていたことを思えば、「2走ボケ」でもあったのだろう。

 それでも勝ち馬との差は4馬身半。決して悲観すべき内容ではない。

 今回は、叩き3戦目。ここを目標にしっかりと調整され、1週前の追い切りも軽快で文句なしだった。体が一回り大きくなり、たくましくなっているのも好材料。身上の強烈な末脚に磨きがかかっているはずで、ならば勝ち負けになってもいいのではないか。

 ハンデは、牝馬同士のマーメイドSが53キロだったことを思うと、牡馬相手のここは恐らく52キロまで。函館の芝は初めてになるが、札幌のコスモス賞で2着した実績があり、道悪は〈1 1 0 0〉とうまい。力を要す洋芝は間違いなく合っており、晴雨にかかわらず大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
3
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
4
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」
5
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況