女子アナ

フジテレビ三上真奈アナ「日本酒1升飲んでも平気な“フジNO1酒豪素顔”」

20131031g

 10月からスタートする「ミカパン」で抜擢された三上真奈アナ(24)。愛くるしいお嬢様フェイスで早くも人気爆発の予感だが、その素顔はまさに男顔負けの豪傑なのだ。

「もともと彼女は太りやすい体質で、就職の時期には必死にダイエットしていました。たぶん、10キロぐらいは痩せたんじゃないかな。とにかく酒豪で、酒を飲むと日本酒から何からちゃんぽんでとことん飲むタイプ。最後には周りが音を上げるほどで、本人いわく『1升でも平気』とケロリとしていましたね」

 こう語るのは、三上アナの早稲田大学時代の同級生だ。

 新番組のお披露目の取材会で番組プロデューサーから「ビール、日本酒が大好き」とバラされたほどの酒豪。2歳から12歳まで中国で育ってきただけに、紹興酒はもとより、アルコール度数50度のマオタイに挑戦したことすらあるという。

「ルックスは女性的ですが、学生時代はパンツルックがほとんどでセクシーさは皆無(笑)。色もモノトーンや淡い感じの服が多くて活発的なイメージ。女子アナになって、ようやくスカートをはくようになったと言っていたほどです」(前出・同級生)

 学生時代から芸能事務所に所属し、レポーターとして活躍。また大学在籍時には東京都中央区の「ミス中央」に選ばれた才媛だが、フェロモンはまだ熟成しきれていないようだ。

 女子アナウオッチャーもこう語る。

「お披露目となった記者会見では、ミニスカート姿も見せて『加藤さんのようなセクシーな衣装だったら似合わないからどうしようと思っていました』と話していたが、彼女の場合、セクシーハプニングが多いのも特徴です。9月にはレギュラー出演している『めざましじゃんけん』で胸元のざっくり開いたブラウスを着たまま前かがみになり、谷間からピンクのブラが見えてしまう“放送事故”があった。また別の番組のロケでは、弓にチャレンジして、大股を開いた瞬間に風が吹いて、パンティが見えそうになった事件もありました。新人としては異例のハイペースです(笑)」

 だが、三上アナのお色気場面は今後も期待できそうだという。

 さるカメラマンが証言する。

「ミカパンは、すぐに股を開く癖があるみたいで、公開収録などでは、パンツスタイルだと、そのまま脚をおっぴろげてしまう。たぶん、女性的なフェミニンな服を着慣れていないせいか、すぐパンチラや胸チラをしてしまうんです」

 酒癖はともかく、まずはパンチラ対策はあえてせずに、伸び伸びと教育していただきたい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」