芸能

小倉優香、事務所退所と同時報告した「小倉ゆうか」改名に“賛成の声”のワケ

 3月25日に所属事務所との契約を終了させた小倉優香が4月13日、自身のツイッターとインスタグラムを更新。事務所の退所と改名を報告した。

 小倉は「いつも応援してくれる皆様へ」と題した文書で8年間所属した事務所を退所したことを報告。〈何かに縛られずに活動をしたいと言う意向を汲んでいただいたことに心から感謝をしております。〉と、退所は自身の考えであることを明かした。

 そのうえで小倉は〈今まで使用していた小倉優香という名前を小倉ゆうかに変更します。〉と改名を公表し、その理由を〈表記だけ変わる形です。小倉優香は本名ですが、活動名をひらがなにすることは長年希望していたことの1つでした。〉と綴り、〈『小倉ゆうか』を覚えていただけたら嬉しいです。〉と希望を表明。今後の活動については〈後日改めて私自身からお知らせします。〉とした小倉は〈SNSの更新も出来ず、本当に長い間ご心配をおかけしました。〉と詫び、〈また、安心して暖かく見守っていただけるよう笑顔で頑張ります!これからも宜しくお願いいたします。〉と締めくくった。

 小倉は昨年7月、レギュラー出演していたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)の生放送で番組からの降板を直訴するという“降板テロ”騒動を起こしていた。

「小倉は、早寝早起きしていて、夜の番組に出演するのがツラいと語っていたため、当時交際が報道されていた格闘家でユーチューバーの朝倉未来の生活スタイルに合わせるために降板したかったようだと報道されていました。このまま芸能界から引退して朝倉と結婚するのではとの憶測も呼んでいましたが、3月に事務所との契約終了の報と同時に朝倉との破局も伝えられ、“仕事も恋も失った”小倉の今後を心配する声も上がっていました」(芸能誌ライター)

 小倉の報告にネットでは「心機一転で頑張って!」「優香ちゃんのグラビアをまた見たいです」「おかえりなさい、これからの活動楽しみにしてます」と歓迎する声、また、「小倉優香だと小倉優子さんと間違えられるし、平仮名改名はいいかも!」と改名についての賛成意見も見られた。もっとも、「いくら改名しても、自分のわがままで関係者に迷惑をかけた事実は変わらないよ」「お騒がせタレントのイメージついちゃったし、雇ってくれる事務所はあるの?」といった心配の声も上がっている。

「小倉が今後別の事務所に所属するのか、またはフリーとして活動するのかはわかりませんが、“降板テロ”の影響は大きく前途は多難と言わざるを得ません。相当覚悟していかないと…」(前出・芸能誌ライター)

 名前同様に、心機一転、活躍することができるのか、はたして─。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
4
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
5
柴崎岳がサブ扱いで囁かれる真野恵里菜「さげまん説」!