女子アナ

野村彩也子の胸の渓谷が“チラっと見え”!女子アナ最新「艶アクシデント」

 コロナ禍における緊急事態宣言の中にあっても、世間の注目を密に集め、話題をふりまいている女子アナたち。“チラッと見え”や“ポロ見え”の「艶事件」は今も続いている。

 入社2年目、レギュラー9本を抱える人気アナに成長したTBS・野村彩也子アナはロケの休憩中、胸の渓谷がチラっと見えしてしまうアクシデントを激写されている。

「胸元が開いた衣装でしゃがみこんだ際、上半身がいくぶん前かがみになり渓谷が見えてしまいました。カメラが回っている時であれば、見えないよう注意するはず。気が緩んだ一瞬のスキを見逃しませんでした」(週刊誌カメラマン)

 野村は狂言師・野村萬斎の娘であるのはよく知られているが、胸の渓谷がはっきり刻まれるほどの豊かな胸の持ち主であることはあまり知られていないかもしれない。今後、お茶の間に大きな胸が揺れるシーンが流れることもありそうだ。

 女子アナの美の化身となった田中みな実も期待通りの艶シーンを披露している。発表会に出席した田中は黒のドレスでステージに登場。大きく開いた胸元からは美バストの渓谷がはっきり見えた。そして、ステージへの階段を登る時、事件は起きた。

「丈の長いロングドレスだと思っていたら、深いスリットが入っていました。田中が階段を登ると、スリットがパックリと開き、美しい足が顔を出しました。肉感的なふくらはぎが今も頭から離れません」(前出・週刊誌カメラマン)

 他にもテレビ朝日の三谷紬アナが服の中に手を突っ込んでバストをいじるようなしぐさを見せたり、日テレの笹崎里菜アナが真っ白なズボンにアンダーウエアのラインを浮き上がらせてしまったりと、女子アナ事件が次々発生。発売中の「アサ芸Secret Vol.70」では、そんな大事件を写真つきでレポートしている。巣ごもりに飽きた今、彼女たちの美ボディでうっぷんを晴らしてほしい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故