社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<脂肪肝>無症状で特効薬なし。血液はドロドロに

 日本人に蔓延している「脂肪肝」。3人に1人と言われているが、文字通り肝臓に脂肪がたまる疾患だ。放置すると、生活習慣病のリスクを高めたり、肝硬変や肝臓ガンに進行する危険性も孕む。

 肝臓はたんぱく質の生成や脂肪の代謝の調節、血中の毒素の排出など様々な働きをしている。しかし「脂肪肝」になると、毒素の排出が十分に行われず、血液がドロドロになり、全身の細胞に酸素や栄養分が十分に補給されなくなるのだ。

 お酒の飲みすぎが肝臓に悪いことは知られているが、「脂肪肝」で一番の原因は食べすぎだ。「非アルコール性脂肪肝」と呼ばれ、脂質や糖質の過剰摂取で発症する。パンや麺類などの炭水化物や甘いお菓子などを摂りすぎていると、肝臓に中性脂肪がたまりやすくなる。

「脂肪肝」は、ほとんどの場合が無症状で、血液検査や超音波検査、エコー検査などで初めて発覚することが多い。しかし、腹部の中央あるいは右上に痛みを感じたり、お腹の張りや、慢性的な疲労感などの症状が出る場合もある。肝臓組織内のビリルビンの増加により、皮膚に黄疸が現れたり、手のひらが赤くなったり、爪の下に白い線が現れたりするケースもある。

 複数の症状を発症した場合は一度、医療機関を受診したほうがいいだろう。

 医師から「脂肪肝」と診断されても、残念ながら特効薬はない。まずは生活習慣の見直しが必要となる。例えば減量や糖質制限、アルコールを控えること、バランスの良い食事を心掛けることが重要だ。LDLコレステロールの血中濃度が低下する働きがあることから、緑茶を飲むこともおすすめしたい。

 さらに、定期的な運動は肝臓が正しく機能することを助けると言われているため、ストレッチや散歩などで体を動かすことも心掛けよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」