社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<声枯れ>隠れた大動脈瘤や脳卒中。60歳以上には喉頭ガンが

「声がかすれやすい」「声枯れが続く」などの異変があれば、声帯や咽頭に異常が起きたサインだ。

 大声の出しすぎによるのどの酷使や、アレルギー反応、喫煙、飲酒などでも「声枯れ」は起こる。加えて、60代以上くらいになると、加齢が原因で「声帯萎縮」が起こることもある。10日間以上続いたら、耳鼻咽喉科で受診をしたほうがいい。

 検査は、触診や問診に加えて、喉頭ファイバースコープでの内視鏡検査や超音波エコー検査などが行われる。

 風邪などのウイルスや細菌に感染したことで起こる「急性咽頭炎」の場合は、ステロイド薬や抗炎症薬、ネブライザーが処方される。もし声帯ポリープが見つかった場合は、これらの薬に加えて「沈黙療法」の「数週間声を出さないこと」や「発声の方法」を指導される。

 心配なのは、これ以外の病気が隠れている場合だ。声帯を動かす筋肉をコントロールする「反回神経」が麻痺する「声帯麻痺」を発症していたら、肺ガンや大動脈瘤、脳卒中、神経疾患などが原因の可能性も考えられる。

 治療は、声帯のコラーゲン注入や、のど仏に穴をあけてシリコンを注入する手術などが行われるが、残念ながら一度失った神経の修復はなかなか難しい。

「声枯れ」で最も注意が必要なのは、「喉頭ガン」だ。これは60歳以上の男性に多いと言われる。主な原因は長期にわたる喫煙や飲酒で、発症者の大多数は喫煙者というデータもある。喉頭ガンは早期発見の場合、放射線療法による発声機能を温存した治療が可能となるが、進行している場合には喉頭全摘出手術となる。

 隠れた病気の早期発見のためにも「声枯れ」が続いたら耳鼻咽喉科を受診することが必要だ。声が枯れやすい人は、アルコールや喫煙をできるだけ控え、のどの酷使にも注意しよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”