芸能

「たかじんとたけし」東西帝王の酒場交流“涙”秘話(2)

 たかじんがたけしとの共演を実現させることができたのは、悩みを洋七に相談したのがきっかけだった。

 まだ2人に面識がなかった92年。「たかじんnoばぁ~」のプロデューサーから洋七に連絡があり、洋七にしてみれば名前は知っているが顔はあまり知らなかった、当時すでに人気司会者となっていた男の悩みを聞いてくれとの頼みだったという。

「プロデューサーやディレクターではなく、芸人にイチから話を聞いてもらいたかったけど、大阪でやってるから大阪の主流に聞くのは嫌やったみたい。それで『何、悩んでんねん?』って言うたら、『番組、辞めたい』って」

 たかじんが吐く思わぬ弱音に対し、洋七は叱咤したという。

「何で辞めんねん」

 ところが、たかじんは世間一般で思われているようなイメージとは違うもの言いで、こう漏らしたそうだ。

「これから先が怖い‥‥」

 畳みかけるように、洋七はこう尻を叩いた。

「怖いって言ったって、芸能界、ずっと怖いやん。はっきり言うけど、『たかじんnoばぁ~』が調子いいからコンサートに客が入るんやろ。それ辞めたら、コンサートにも客、来なくなるよ。だから、やったらええやん。視聴率が悪くなるまでやったらええやん。こんなの使い捨てやで、芸能界なんて。いい時に辞める必要、何もないやん」

 さらに、歌手として一生ヒットを出し続けることの難しさや、芸人でも長続きするためには仕事を替えていかなければならない運命について話すと、たかじんもうなずいた。

「ああ、わかりやすい。1回、洋七さん、ゲストで出てくれませんか?」

「じゃあ、いつかね」

 その後、1回どころか、洋七は「たかじんnoばぁ.」の常連客となっていく。同時に番組も好調を維持していくが、洋七の記憶では3~4カ月ほどたってから、たかじんから飲みに行って相談したいことがあると持ちかけられたそうだ。

「やっぱり、関西は関西でいいけど、僕、1回、東京出て失敗したんです。もう1回、何かをやってみたい」

 洋七に真剣なまなざしを向けるたかじんは、こんな内輪話まで打ち明けたのだという。

「それには、東京のすごい人たちと会ってみたい」

「こっち来んやろ、そんなのは‥‥」

 即座にはそう返したものの、洋七は期待に応えるよう言い直した。

「でも、1回ぐらい俺がプレゼントしたるわ」

 そして、洋七の親友・たけしが大阪まで来ることが決まるや、たかじんの様子はそれまでのキャラとは一変したという。

「ムチャクチャ緊張してたもん。俺に『来週、たけしさん来るから、こことこことここをロケハンしとく』言うて、料理屋、クラブ、カラオケなんかを回ってた。番組の本番中ではワァ~言うてましたけど、収録後はふだんと全然違ってました」(洋七)

 収録でさんざん飲んだはずなのに、新地に繰り出し、東京進出を熱く語ったというたかじん。そこには東の帝王を憧れの目で見る少年のような西の帝王の姿があった。

「俺とたけしが2人でワァ~ッとしゃべってたら、たかじんは、『たけしさん、すごいですね。また映画作るんですか』なんて言いながら、ふだんとは違って聞き役になっていた。2~3軒しか行かなかったけど、けっこう酔っ払い、いい気持ちになって帰りましたよ」(洋七)

 周囲の反応も、東西の帝王を見る目に異変があったという。

「やっぱり、たかじんが新地歩くのとたけしが通るのじゃ違うもん。たかじんは『ウォ~!』って握手攻めだけど、たけしは人がうごめくけど誰も寄らんもん。『たけしだ!』って見てるだけ。それで10人に1人ぐらいは『洋七やん』。ホンマやて(笑)。いずれにせよ、たかじんは喜んどった。『わざわざ大阪まで連れてきてくれてありがとうございました』って言ってましたよ」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由