スポーツ

阪神VS巨人「どっちもダメ」悲惨なベンチ裏レポート

 開幕スタートの大失敗を引きずり、最下位に甘んじていた阪神は、交流戦を12勝6敗で乗り切って一気に浮上。借金返済とまではいかずとも、上位に肉薄しつつある。阪神担当記者が言う。

「負け続けている時の矢野燿大監督は、痛々しくて見ていられませんでした。昨季までの、試合中に喜怒哀楽を前面に出す態度は鳴りを潜め、ずっとお通夜のような暗い表情。今まで無理していただけで、元々は内向的で暗い性格ですから。そんな監督に引きずられてチームの雰囲気が沈まなかったのは、『影のMVP』がいたからなんです」

 その一方、交流戦で負け越し、ヤクルトのセ界独走を許した巨人は、順位では上位に立つにもかかわらず、阪神以上に深刻なチーム状況を抱えていた。中心選手の負傷離脱が続くなどのアクシデント、さらには交流戦終了後には、チームリーダー・坂本勇人の過去の醜聞が暴かれる事態にも──。

 発売中の「週刊アサヒ芸能」6月30日号では、永遠のライバル球団たる巨人と阪神にくっきり浮かび上がった問題点と、後半戦の課題について、詳細なベンチ裏リポートとご意見番OBの声を詳報している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
2
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」