政治

韓国・朴大統領がひた隠す実父の“慰安所管理人”過去(1)朴大統領が隠したかった史実とは?

 3月25日、ついに就任以来初めて顔を合わせた日韓首脳だったが、慰安婦問題には一切触れない肩透かしとなった。それもそのはず、かつて韓国は米国に慰安婦を“提供”し、日本を口撃すれば米国を巻き込む事態になるからだ。しかも、慰安所管理人の親玉は、朴大統領の実の父親だった!

「マンナソ パンガプスムニダ」

 3月25日、オランダ・ハーグで開かれた日米韓首脳会談の冒頭。安倍晋三総理(59)は、朴槿惠〈パク・クネ〉大統領(62)に韓国語で「お会いできてうれしいです」と、挨拶をした。このリップサービスに、朴大統領は「シカト」という、実に子供じみた攻撃で応えたのだ。外信部記者が語る。

「会談は、アメリカの呼びかけで実現しました。女性である朴大統領が中央の席に座る案が出ましたが、韓国側は、安倍氏と横並びに座るほど、両国の関係は良好ではないと拒否。結局、オバマ大統領(52)が中央に座ることになりました」

 約45分の会談で話し合われたのは「北朝鮮問題」だけだった。それまでさんざん、「告げ口外交」で日本批判を喧伝してきた朴大統領だが、最重要テーマである歴史認識問題には、一切触れなかったのだ。

「慰安婦問題に言及せず、韓国の一部の政治家から『失望した』と非難の声が上がりました。こうなることを覚悟で、朴大統領が沈黙した理由は、米国への配慮があったようです。それは、朴大統領が隠したかった史実が韓国の国会の場で明らかになったことと、つながっているのです」(前出・外信部記者)

 昨年11月6日のこと、韓国の野党・民主党の女性議員が質疑に立ち、閣僚の女性家族部長官に、こう質問をした。

「『米軍慰安婦』という言葉を耳にしたことありますか? 1962年11月、(売春行為を禁じる)淪落〈りんらく〉行為等防止法が制定されました。しかし、『基地村』の性売春が合法的なレベルを超え、国家が組織的に主導していたという証言と証拠があります」

 さらに、女性議員は、国家記録院から取り寄せたという「基地村浄化対策」と題された文書を公開した。

「米軍慰安婦の集団居住地域を『基地村』と呼びます。77年作成の文書には全国に62カ所、9935人の売春婦が生活していたと記載され、性病対策などの方針が掲げられていました。書類の署名欄に朴大統領の父親で、当時の大統領であった朴正煕〈パク・チョンヒ〉氏の直筆サインがあったことで、大問題となったのです」(前出・外信部記者)

 国家が先導して、米国を相手に慰安婦“商売”をしていた事実と、その“管理人”が朴大統領の父親という衝撃的な話だ。産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘氏が明かす。

「左派の『ハンギョレ新聞』などわずかなメディアが報じただけで、右派系のメディアは日本に有利な情報になりかねないと判断したのか、報じませんでした」

 ならば、その詳細を報じよう。

◆アサヒ芸能4/1発売(4/10号)より

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人