女子アナ

これは恥ずかしすぎる!兵庫のNHK女子アナが朝からトンでもない言葉を吐いた結果…

 これは笑うべきなのか、それとも──。

 兵庫県で放送された朝の情報番組「Live Love ひょうご」(NHK)で、視聴者が一斉に凍りつく、とんでもない放送事故が起きた。

 10月4日の番組では「世代」の括りについてトークを展開。メインキャスターの坂本聡アナが「皆さんは、何世代でしょうか。団塊やバブル…」と話し始めるや、モニターを挟んで右隣に座っていたNHK神戸放送局の森麻衣子アナが突如、割り込んできた。

 そこで言い放ったのが「だ・ん・こ・ん…」。わざわざ坂本アナの言葉を言い直す行動に出たのである。さすがに驚いたのは坂本アナで、数秒間の沈黙が。その後、我に返って「団塊やバブル、氷河期やゆとりなどが代表的ですが…」と再び話し始めた。

 コトここに至ってようやく事態のヤバさに気付いた森アナは、焦りの極致に。「だんかい!だんかい!ごめんなさい、ごめんなさい!だんかい、ハイ!」と思いっきり訂正するも、時すでに遅し。視聴者が口アングリ状態だったことは、言うまでもない。

 放送関係者が振り返る。

「坂本アナまで数秒間も沈黙してしまったぐらいですからね。視聴者の中には『聞き間違いではないか』と思った人もいたようです。アナウンサーとしてはとんでもない誤読で、放送事故そのものです。力強すぎる訂正の仕方がことさら、視聴者にインパクトを与えてしまいました。ローカル番組ですから大炎上とまではいかなかったようですが、その後、この時の動画が拡散されると、全国的に知れ渡ってしまいました」

「団塊」を正しく読めなかったばかりか、とんでもない発音に変えてしまったことで、森アナには厳しい声が突き付けられたかと思えば、さにあらず。先の放送関係者が明かすには、

「意外にも、温かい声が多いんです。年配の方からは『読めなくて当然の世代だから、許してあげて』『僕らの世代は女遊びも凄かったから、ある意味で正解』とオヤジ風にフォローする声まで。『だんこん』と言い切った度胸にも『ピュアで好感度が上がった』などと好意的に捉える向きも…」

 恥ずかしすぎる姿が生んだ、想定外の結末。災い転じて福と成す。

(山田ここ)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」