芸能

ピンク・レディー 「モンスター神話」の真実(2)人気上昇の中にも様々な思惑が…

20140731j

 映画監督の小谷承靖(こたにつぐのぶ)は、ピンクの絶頂期である78年に「ピンク・レディーの活動大写真」(東宝)という映画を撮った。これまでフォーリーブス、桜田淳子、後には山口百恵の主演作を撮るなど、アイドル映画には定評があった。

「それでもピンクの強行スケジュールは前例がなかったね。全部で2週間だけどフルに撮影できたわけではなく、合間に『ザ・ベストテン』の中継や地方公演が入ったり、2人を別々に撮ったこともあったから。ケイなんか撮影中に貧血で倒れたほど多忙だったね」

 これが初めての演技体験となる2人だが、映画は3部構成のオムニバス仕立てとなった。第1部が松竹風の人情モノ、第2部は東宝お得意の特撮を取り入れたSF、そして第3部がウエスタン調のアクション活劇だった。

 本来、アイドル映画といえば恋愛ロマンスが大半だが、ピンクの場合は生身の女性ではなく、もはや“ピンク・レディーというキャラクター”に転化していた。そのこともあっての3部作だったと小谷は言う。

 この年、ピンクは「UFO」で日本レコード大賞を受賞。受賞記念と忘年会を兼ねた大みそかの祝宴で、小谷は“ピンク・マネー”をまざまざと見せつけられた。

「じゃんけんによる抽選会で、僕が最後まで勝ってしまったんだよ。そしたら景品がマツダのファミリア。すごいものをもらえるんだなあと驚いたね」

 当時のピンクは、あまりの多忙なスケジュールに記憶がすっぽり抜けている状態だったと後述するが、それでも、小谷との相性は良かったようである。解散後の82年、ミー主演の「コールガール」(松竹)という映画で、小谷が指名されている。ミーから「演技派でいきたい」との意向があり、初のヌードも辞さない熱演が光った。

 かつて、恋愛ロマンスすらも許されなかったアイドル映画とは一線を画している。

「ケイちゃんともミステリードラマで一緒になったし、再結成のコンサートにも呼んでもらった。あの『活動大写真』だって、忙しいスケジュールにいろんなアイデアを出し合って作れたのは楽しい思い出だよ」

 小谷が懐かしんだ78年は、ピンクにとって頂点を極めた瞬間である。そのため、ブラウン管ではわからないトラブルも頻発していた。

 まず、オーナーだった小川薫の問題だ。ギャンブル好きだった小川は、一晩で数千万円、あるいは億単位の金を失うこともあった。その補填は当然、ピンク・マネーという名の会社に向けられる。貫はついに弁護士を立て、幼なじみとの決別を宣言する。

「小川には1億円の手切れ金を渡して退いてもらった。辞めた後もマスコミを使って攻撃してきたけど、こちらには介入させなかった。他にも一部の人間が金をごまかしたりして、その総額も1億円くらいあったかもしれない」

 さらに、翌79年にかけて、ピンクを急激な人気降下が襲う──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由