スポーツ

武豊を超える「歴代最高勝率」ぶっちぎりでも「川田将雅を買わずに万馬券」の核心データ

 3月25日に行われたドバイワールドカップで、ウシュバテソーロを世界の頂点に導いた川田将雅がこのところ、異次元の騎乗を見せている。スポーツ紙記者が解説する。

「デビュー19年目の昨年は、初めて全国リーディングに輝いたばかりか、最多勝利(143勝)、最高勝率(25.9%)、最多賞金獲得(31億5709万1000円)の3部門で1位を獲得し、JRA賞騎手大賞を受賞しました。しかも今年は3月末の時点で、昨年を上回る好成績を上げている。このままいけば、武豊が記録した02年の最高勝率記録を抜くのでは、ともっぱらです」

 02年の武豊騎手はタニノギムレットでダービーを勝利するなど、年間勝率29.1%を記録。これは岡部幸雄(最高で23.0%)やルメール(同27.8%)を寄せつけない「JRA賞最高勝率記録」だが、川田の今年の国内での勝率は34.5%(3月26日終了時点)。連対率は59.7%に及び、複勝率は72.3%と、まさに無双状態だ。

「3連系の馬券であれば、川田を軸に買うのが正解でしょう。7割以上の確率で3着以内に来るわけですから。ただ、ほとんどが1~3番人気に支持されているため、配当的な妙味はありませんが」(前出・スポーツ紙記者)

 確かに今年はこれまで119鞍に騎乗して、4番人気以下は8鞍しかない。その人気薄の馬でも〈3・0・1・4〉と3勝しているのだから、馬券妙味という点では期待薄だろう。であれば、黙って川田を買うしかないのか。競馬ライターは「川田に人気が集中するからこそ、大波乱が起きる」と前置きして、こう続ける。

「実は今年、4着以下に敗れた33鞍を分析すると、右回りが6鞍で、あとの27鞍は全て左回りです。しかも人気を裏切ったワースト1位が、芝1600メートルの5鞍。春のGI戦線では桜花賞、NHKマイル、ヴィクトリアマイルが該当します。桜花賞は右回りですが、もし断然人気のリバティアイランドが2着以下に敗れれば、高配当が期待できますし、苦手とする左回り(東京)の2つのGIで着外なら、万馬券は間違いないでしょう」

 人気馬が敗れるからこそ大波乱となるのが、馬券のセオリー。黙っても人気を集める川田「泣きどころ」を上手に狙って、高配当ゲットといきたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」