スポーツ

「別府大分毎日マラソン」日本人トップ下田裕太は超平凡タイム…パリ五輪「選考外レース」に出た理由

 日本人トップながら、全体では2位。しかも2時間8分24秒という平凡なタイム。下田裕太(GMOインターネットグループ)は2月4日の「第72回別府大分毎日マラソン」にガッツポーズでゴールしたが、パリ五輪出場の残り一枠を懸けた「MGCファイナルチャレンジ」の男子の設定記録は、2時間5分50秒だ。優勝したのは2時間7分59秒のタイムだった、エチオピア出身のワークナー・デレセ(ひらまつ病院)。

 先頭集団の一員として走行し、37キロ付近では後続を引き離そうとスパートをかけた下田は終盤に抜き返され、デレセに25秒差で及ばなかった。スポーツライターが言う。

「昨年10月15日のMGCで、下田は2時間17分26秒の45位で惨敗した。今後のレースに期待がかかるのは事実ですが、別府大分毎日マラソンは、パリ五輪の代表選考を兼ねていません。この大会は、来年に東京で開催される世界陸上の代表選考に繋がるジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)の『グレード1』に指定される。シリーズⅣ(2023年4月~25年3月)でポイント制のチャンピオンになると、マラソン日本代表に内定します。下田のマラソン自己記録は、2020年3月1日の『東京マラソン』で、2時間07分27秒。パリ五輪の代表選考大会は、大阪マラソン(2月25日)、東京マラソン(3月3日)の残り2レースです。パリ五輪の設定記録を破るのは難しいと判断し、将来に向けた勇気ある選択と考えられます。ただ、テレビ解説の瀬古利彦氏が、優勝は2時間6分台、せめて2時間7分台をとエールを贈っていましたが、いずれもかなわなかった」

 マラソン界底上げのためにも、下田の今後の記録アップが待たれる。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」