芸能

塩地美澄「想像もしていないようなことに出会いたい」/テリー伊藤対談(2)

テリー もう仕事のオファーは来てるの?

塩地 はい、ありがたいことに。それをSNSでつぶやいてから、すぐにちょこちょこオファーをいただいて。この対談のお仕事もそうでした。

テリー あ、そうなんだ。あとはどんな仕事が来てるの。

塩地 あとはセミナーの司会のお仕事だったりとか。

テリー 早速アナウンサーの仕事が来たんだ。よかったねぇ。

塩地 うれしいです。

テリー その問い合わせフォームには、「私、フリーになりました。グラビアのお仕事もありがたいんですけど、アナウンサーなので、今後はそういうお仕事がうれしいです」みたいなことは書いてるの?

塩地 いえ、書いた方がいいのかなと思ったんですけれど、それを書くとみずから可能性を狭めちゃうような気がして、書いてないです。

テリー ああ、そうかもしれないね。

塩地 私がフリーになろうと思った理由のひとつに、「想像もしていないようなことに出会いたい」っていうのがあったんですよ。アナウンサーをやっていた時もグラビアに出会えるなんて思っていなかったんですね。なので今回も、1年後に何をしているかわからないくらいの方が楽しいかなと思っていて。あんまり決めずにいろんなことにチャレンジできたらいいなと思っています。

テリー 今のところ塩地さんは、やっぱりグラビアですごく有名じゃないですか。そうすると「フリーになったから、うちでもグラビアやってもらいたい」ってオファーが絶対にありますよね。「アサヒ芸能」からもあるかもしれない。その時はどうするの?

塩地 そこに関しては、まだちょっと悩んでいるところです。

テリー そうだよね。だってグラビアを少しセーブしたいと思ってフリーになったのに、それを受けたら、「あれ、これじゃ前と何も変わってない」ってなっちゃう。

塩地 そうなんですよ。

テリー でも一方で悩みどころなのはさ、今度は事務所を通さないから、きっとギャラはよくなるよね。

塩地 だと思います。ほんとに悩ましい(笑)。

テリー そうすると、やっぱり当面の塩地さんの一番の収入源はグラビアかもしれないし、ほんとに難しいね。

塩地 そうですよね。でも、まだ本格的には走り出していないので。今は4月のスケジュールが2件ぐらい決まっている感じなんですね。たった2件ぐらいなんですけれど期待の方が大きくて。

テリー ああ、いいねぇ。

塩地 実際に毎月毎月、どれぐらいの仕事がやれるかっていうのは未知じゃないですか。だからグラビアをやらないと収入がどうなるのかもわからないですし、だからといってグラビアをやるみたいな安易な選択はしたくないんですよね。だから必要に応じてというか、グラビアに関しては自分の中で武器としてこれからも続けていきたいとは思っているんですけれど、食べるための手段みたいには考えたくないです。

テリー そうだね。武器というか、ふるさとだよね。

塩地 そうです、そうです。帰れる場所みたいな。

テリー でもさ、フリーになったら「結婚するんじゃないか」って心配するファンもいたでしょう。

塩地 いらっしゃいました(笑)。でも、今のところ結婚の予定はまったくないです。

テリー 彼氏は?

塩地 今はいないです。

テリー ウソだよ。

塩地 ほんとです。

テリー 何で? いつからいないの?

塩地 いや、もう記憶がないぐらい。上京してからちゃんとしたお付き合いはできていないですね。

ゲスト:塩地美澄(しおち・みすみ)1982年、北海道生まれ。大学卒業後、「秋田朝日放送」入社。「スーパーJチャンネルあきた」などのニュース・情報番組を中心にバラエティーでも活躍。2014年、退社。その後、芸能生活を始め、2015年、グラビアデビュー。Gカップのバストと抜群のプロポーションで数々のグラビアに登場。2016年、初の写真集「みすみ」(ワニブックス)発売。以降、6冊の写真集と13枚のイメージDVDを発売。所属事務所を退所し、2024年4月よりフリーランスで活動中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題