社会

医師・帯津良一の健康放談「“死”について明るく考えましょう」(1)

20150122x1st

「死」は生物にとって切り離せない宿命です。逃れられないからこそ、誰もがいい「死」を迎えたいと望むのではないでしょうか。

 では、いい「死」とは何なのか。その答えを私に教えてくれたのが、仏教学者の鎌田茂雄先生です。

 ある対談でお会いしたとき、鎌田先生は江戸時代の医者、虚室生白〈きょしつしょうはく〉が書いた「猿法語」という書物の一節を読み上げました。

「人が死ぬ時は、悲しんで打ちひしがれようと、泣きわめこうと、どういう死に方をしてもいい」

 それに対して先生は、こうおっしゃった。

「こうは書いてありますけど、きちんと生きていれば、泣きわめいたり悲しみで打ちひしがれたりして死ぬことにはならないはずです」

 鎌田先生は01年にお亡くなりになりました。死の直前まで私は何度も見舞いに行きましたが、ご自身が宣言したとおり、いよいよ迫り来る死に対して、悠々としていました。

 きちんと生きることで、いい「死」を体現してくれたのです。

 先生は「猿法語」の解説書を書きたいと願いながら書かずに亡くなったので、代わりに私が書こうと古本屋で買いました。忙しくてなかなかできませんが、いずれ‥‥と思ってはいます。

 話を「死」に戻しましょう。1度きりの人生で「死」はラストシーンだからこそ、自分で演出したほうがいいと私は考えています。ラストシーンがいい映画はみんな名作ですよね。私が好きな「第三の男」「駅馬車」、全てラストシーンは名場面です。「カサブランカ」のように、ハンフリー・ボガートとクロード・レインズの2人がしゃべりながら霧の中に消えて行く──。あんなラストもいいですよね。

 しかし、死ぬ瞬間というラストシーンを演出するといっても、その場で急に名場面を作り上げることはできません。だから、ふだんからイメージを何種類か持っておくといいでしょう。

 五木寛之さんと死に関する話をした時、彼はこう言いました。

「林の中で野垂れ死にしたい」

 あれだけの大家なのに、最後は林の中で野垂れ死にですよ。お釈迦様にあやかっておられるのでしょうね。お釈迦様は北インドの林の中で下血して死んだんですが、それが念頭にあるんだと思います。

 で、「帯津さんは?」と聞かれたので、

「野垂れ死には嫌ではないですけど、家の中ではなく外で死を迎えたいです」

 理由は、住んでいるマンションのエレベーター。小さくて、家で死んだら運び出す人が、私を立てて運び出さなければならなくなってしまうんです(笑)。それじゃああまりにも申し訳ないから外で死ぬほうがいいだろうと。

 ただ、「林の中はごめんですね」と言いました。「じゃあどこで?」と聞かれたので、

「東京下町は谷中の居酒屋に入ろうとして、戸に手をかけたとたんにドーンと倒れるのがいい」

 と答えました。

◆プロフィール 帯津良一(おびつ・りょういち) 医学博士。東大医学部卒、同大医学部第三外科、都立駒込病院外科医長などを経て、帯津三敬病院を設立。医の東西融合という新機軸をもとに治療に当たる。「人間」の総合医療である「ホリスティック医学」の第一人者。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
坂上忍「暴君MC」に芸人が続々降板!「織田裕二を呼び捨てにして怒らせた」
3
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
国歌斉唱でニヤニヤする選手も!プレミア12野球日本代表に“不快だ!”の声