社会

東日本大震災「余震、いまだ止まず」(2-3) 現在も身元不明の遺骨が…

 一方、テレビなどで土葬の様子が何度も報じられたのが観光地・奥松島でも有名な東松島市。同市は市リサイクルセンター内の空き地を土葬場にした。
 11年4月末にここを訪れると、身元判明済みの遺体は地区名と名前、身元不明遺体は数字のみが記された縦長の木製墓標が並ぶ墓地とともに、これから埋葬する場合に備えた深さ1メートルほどの穴がずらりと並んでいた。
 小さな鯉のぼりをくくりつけた男児らしき名前が記された墓標。同姓の男女の墓標の間に羽織袴の男性と留め袖を着た女性が写る結婚写真が供えられた場所も。たぶん2人は夫婦なのだろう。
 そして埋葬場所を注意深く眺めると、墓地同士の間にところどころ、不自然な空き地が目につく。現場で管理していた市職員によると、一部は土葬後間もなく火葬に移行したためにできた空き地なのだが、そればかりではないという。
「例えば夫婦で犠牲になって、ご主人はすでにここに埋葬されたけれども、奥さんはまだ行方不明という場合もあります。そうすると、遺族が見つかった場合は並んで埋葬してあげたいと言いましてね。その分を空けているわけです」(市職員)
 墓地には花や飲み物、菓子などを遺族が供えているが、火災発生の危険性などから、焼香は埋葬場の一角に設けられたプレハブ内の祭壇で行う。最終的に、ここで埋葬された遺体は369体にも上った。
 今年3月上旬に東松島市環境課に現状を尋ねると、次のような答えが返ってきた。
「すでにご遺体は昨年10月半ば頃までに全て改葬(火葬)を終えました。ただ、現時点でも身元不明19体の遺骨があり、これを土葬場にあったプレハブ内で安置しています」
 日常を徐々に取り戻していく被災地で、消えつつある土葬場。しかし、その片隅で無言のまま遺族の迎えを待つ犠牲者たちを残し、はや1年が経過した。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!