芸能

夜のしつこい男が好き!?マギーの“媚びキャラ”変貌に女性総スカンの懸念

20151010maggy

 ここにきて男性人気も右肩上がりなのが、モデルのマギー。タレントのルックスには厳しいお茶の間からも、その美貌にはツッコミどころが少ないと絶賛されている。そんな絶好調のマギーだが、「世渡りまで上手すぎる」と話題になっている。

 日本テレビの人気番組が大集合した特番「DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦4時間SP」の1コーナーだった「禁断の公開質問箱ベストテン」に出演したときのこと。その中で「同棲するなら誰?」というストレートな質問をぶつけられたマギーは、有吉弘行を指名。その理由を「有吉さん好きだから」と、直球で説明した。そのコメントを受け、有吉は一気に上機嫌に。この瞬間、視聴者からは「媚び売りまくってるなぁ~」「男ってこんなウソでコロッといくんだ」というツイートなどが連発された。しかしながら、コンパクトにドキッとさせる返答はさすがで、視聴者をクギづけにしたいバラエティ番組としては合格ラインを超えたことは間違いなかった。

「有吉自身が以前からマギーをお気に入りにとして名前をあげていますし、今回のアプローチに悪い気がするわけがない。それに加え、マギーは最近では音楽番組『バズリズム』(日本テレビ系)や、第一興商が運営する通信カラオケ『DAM』の曲間に放映される音楽番組『DAMチャンネル』でMCを務めています。その経験が生かされているのか、以前は独りよがりのトークが多かったが、共演者(特に男性)との距離の詰め方がとても上手くなったように感じます。バラエティにおける程よい柔軟性を覚えてきたようですね。あれだけの美貌を持ち、そういった振る舞いを継続していくことができれば、世間の好感度も自ずとアップしていくでしょう」(週刊誌記者)

 また、同企画で「無人島に暮らすとしたら誰?」と問われると、ネプチューンの原田泰造をあげている。その原田について、有吉が「夜がしつこい」と発言したことをきっかけに、原田もそれに乗っかる形で「俺、夜すっごいしつこいけど大丈夫?」とマギーに尋ねるも、笑顔でオッケーポーズをとって対応。

 これには番組を観ていた男性視聴者たちが鼻血を出しまくったようで、「マギー、ナイスすぎる」「ネタだと思うけどすばらしい」と絶賛された。

 ただし、ここまで男性人気がアップすると、心配されるのがやはり女性人気の低下。他のモデルタレントと違い、現在はバッシングの少ない彼女だが、一瞬先は闇。マギーが芸能界で生き残れるかどうか、今後の方向性に注目したい。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった