スポーツ

今年は特に!プロ野球がつまらなすぎるツ(4)

1000人アンケート
「史上最高の投手」は江夏がダルに圧勝!
「昔の投手のほうが才能が突出していた」

 投高打低の今年のプロ野球。そこで本誌は「プロ野球史上最高の投手」を選出するアンケートを実施。その結果、メジャーリーガー・松坂大輔(30)を除くと、ベスト10に入った現役プロ野球投手はダルビッシュ有(25)だけだったのである。

プロ野球史上最高の投手ランキング
順位 名前 票数
江夏豊 203
村田兆治 129
野茂英雄 116
江川卓 110
ダルビッシュ有 103
金田正一 43
沢村栄治 29
稲尾和久 23
佐々木主浩 21
10 松坂大輔 18

*40代以上の男性1000人を対象に したアンケート結果をもとに作成


 今アンケートで圧倒的な1位を獲得したのは、阪神、広島などで活躍し「206勝193セーブ」という前人未到の記録を持つ江夏豊(63)だった。「投票理由」は賛辞の嵐である。
〈401奪三振なんて、今時のピッチャーには逆立ちしてもできない〉( 岐阜県・41歳) 〈ほとんどの救援はピンチになってからだった。佐々木などのように9回ランナーなしからとは内容が違いすぎる〉(神奈川県・54歳)
 2位に入ったのは、右肘の故障からみごとに復活した「まさかり投法」でおなじみの村田兆治(61)である。
〈フォークの握りを打者に見せて投げても打たれない落差。引退したあとも球道を邁進し、人間的にも尊敬できる〉(茨城県・48歳)
 プロ野球評論家の若菜嘉晴氏もこう脱帽する。
「マスターズリーグで、50過ぎても140キロ出したんだから」
 3位には日本人メジャーのパイオニア・野茂英雄(43)が選ばれた。
〈日本ではもちろんのこと、大リーグにおいてもトッププレーヤーだったのは、ピッチャーでは野茂だけ〉(熊本県・69 歳)
 確かに、メジャーで2度もノーヒットノーランを達成する日本人投手など、もう現れないのではないか。
 4位にランクインは江川卓(56)だ。プロ野球ファンならずとも、巨人入団の経緯は忘れられない。
〈「空白の一日」で日本中を敵に回しても、孤独に耐えて頑張ったことは凄い〉(東京都・60歳)
〈ストレートとカーブだけであのピッチング。高校からプロに入っていたら、成績もものすごいことになっていただろう〉(千葉県・45歳)
 若菜氏も同調する。
「いろいろあったけど自分を貫いて、年間20勝するなど一時代を築いた。辞める時も美学を貫いて、スパッと辞めましたよね」
 そして5位。やっとダルビッシュが登場する。
〈大リーグで日本人としていちばん成功しそう〉(東京都・50歳)
「直球も変化球も現在の日本球界でナンバーワンでしょう。もちろん世界でも通用するし、過去の名投手たちとも肩を並べていると言えますよ」(若菜氏)
 とはいえ、現役投手の評価の低さは思いのほかである。ソフトバンクの杉内俊哉(30)も、楽天の岩隈久志(30)も、阪神・藤川球児(31)だってランク外なのだ。
「今はチームが勝つことが前提ですが、かつては個人を見せることが野球の主流だったからではないですか。ホームラン王の王さんや、盗塁王の福本さんがいた。突出した才能の人がいましたよ。そして、男と男の勝負で見せてくれたからより印象に残っている。それこそ、オールスター戦において直球だけで9者連続三振を奪った江夏さんとかね」(若菜氏)  伝説に残るような投手たちが投げ合う、プロ野球界に戻ってもらいたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明