エンタメ

「挫折」の受け止め方・最終回 櫛部静二

 箱根駅伝ファンであれば、櫛部静二という名前を聞けば、あの“世紀の大ブレーキ”シーンを思い出すことであろう。あれから21年、日本長距離界の若きエースは、五輪出場の夢はかなえられなかったが、指導者として箱根駅伝に戻ってきていた。その間の挫折と向き合い続けた日々を激白した!

大ブレーキの本当の理由は…
「早稲田の! 早稲田の櫛部が、とうとう歩きだしてしまいました!」
 91年1月2日、箱根駅伝で戸塚中継所を前にフラフラのランナーがテレビ画面に映し出された。アナウンサーの絶叫は続き、もはや実況ではなくなっていた。
「左手で脇腹を押さえている。表情はうつろ。さあ、どうする。櫛部、頑張れ!あと300メートル!」
 学生長距離ランナーであれば、誰でも憧れる箱根駅伝“花の2区”。06年のコース変更まで、最長区間(23.2キロ)であり、今でも各校のエースが集う。
 1年生ながらも、そんな注目の大舞台を任された櫛部静二は“世紀の大ブレーキ”を演じてしまった。
 当時の記事には、失速の理由は「直前のカゼによる下痢からの脱水症状」とある。しかし、事実は違った。
 現在、城西大学の准教授で、男子駅伝部の監督を務める櫛部本人が振り返る。
「3日前の12月30日、合宿所の夕食は、OBからの差し入れのお刺身が並んだのですが、私は外食でした。私の好物だと知っていた合宿所の方が、冷蔵庫で取っておいてくださったのです。翌朝、せっかくだからという思いもあり、2切れほどいただきました。私も甘かった。午前中の練習に向かう途中から嘔吐し、すぐに向かった病院で軽い食中毒と診断され、点滴を受けました。夜には合宿所に戻り、翌日には笑うとおなかが痛い程度まで回復しました。ですから、コーチである瀬古(利彦)さんの『心中させてくれ』という言葉にもうなずきました」
 レース当日、櫛部は想像以上に体が軽く感じられた。トップでたすきを受けると、快調に飛ばした。14キロ付近から1.5キロで20メートル上る名所「権太坂」でも、ライバルの山梨学院大のオツオリを上回るハイペースで駆け上がる。記録を見ても、10キロから15キロのタイムは、区間賞だったオツオリよりも19秒も速い。
 しかし、18キロ付近から体に異変を感じだす。
「レースの前に瀬古さんから『余裕を持って行け』と指示されていたのですが、思えば、初めての駅伝の舞台に興奮していたり、オツオリのスピードにプレッシャーを感じたりしていたのでしょうね。ハイスピードで自滅したようなものです。体が軽く感じたのも、(嘔吐と下痢で)全て出し尽くしているのですから当然ですよね。今は指導している学生たちにも『指示は守りなさい』と、いつも話していますよ」
 残り3キロからの上り坂がランナーの明暗を分ける。駅伝の醍醐味の一つ「ごぼう抜き」ドラマが多く見られる地点でもある。
 くしくも失速し始めた櫛部は、3人に抜き去られたあたりから意識が飛んでしまっていた。端正なマスクはゆがみ、次々と13人に抜かれ、ラスト600メートル地点で14位。そこからはフラフラと左右に蛇行し、時には立ち止まり、両手で顔を覆いながらも、たすきを握りしめて歩を進める。その痛々しい姿は全国に中継された。
「覚えているのは、沿道から聞こえてくる早稲田の校歌だけでした。レース後、即入院したので、映像を見る機会はありませんでしたが、高視聴率だったらしいです。後日、日本テレビの方が寄って撮るか、現場で議論になったと回顧されていましたが、報道ということで中継されたのです」
 当時、瀬古利彦は早稲田のコーチ1年目だった。昨年、掲載した本誌連載「箱根駅伝『魂の疾走』」の取材時に、瀬古はこの場面をこう追懐している。
「もう、たすきが渡らないかと思いましたね。私はテレビでしか見ていないのですが、あの衝撃的な映像に、ああいう無理をさせちゃいけないと思ったものです。個人レースなら出場させなかったのですが、箱根だからって‥‥。櫛部本人には悪いことをしてしまった」
 この年の早稲田は、OB瀬古のコーチ招聘と同時に3人の大型ルーキーが入学した。3000メートル障害と1万メートルの高校記録保持者だった櫛部、そして5000メートルの高校記録保持者の武井隆次と1500メートル高校ランキング2位の花田勝彦だ。この3人は“早大三羽烏”と呼ばれた。91年の箱根で1区を武井、2区を櫛部、3区を花田が務めたことからも、いかにスーパー1年生であったかがわかる。
「瀬古さんが自宅に来てくれ、(早稲田に)誘われました。最終目標は『マラソンで世界へ』と言われていましたから、私も箱根駅伝をそれほど意識してなかったのです。でも、あのブレーキで、箱根の借りは箱根で返さなくてはいけないという使命感を持ってしまった。私の高校は長距離界で無名校だったので(駅伝の甲子園と呼ばれる)都大路に出場する機会がなく、箱根が初めてだったことも、駅伝でリベンジしたいという思いを強めていくことになったのかもしれません」
 以来、櫛部は名門・早稲田のエースとしての信頼を取り戻すため、プライドを賭けての戦いが始まる。
 92年、2年生となった櫛部は再び“花の2区”を任される。しかし、区間9位と振るわず、早稲田も総合6位に終わる。
 そして3年生として迎えた93年の箱根駅伝。櫛部は1区で同期の武井の区間記録を1分13秒も更新する区間新を叩き出す。9年ぶりの完全優勝の立て役者となった。瀬古が「あんないい顔した櫛部、見たことがない」とほほえむほどだった。周囲は誰もが櫛部はリベンジを果たしたと思った。
「やはり、2区を走りたかったですね。でも、瀬古さんから『3度目はない』と告げられました。優勝はしたけど、悔しいという思いが残りましたよ」
 1区の櫛部が伝統のエンジのたすきをつないだのが、ルーキーの渡辺康幸(現・早稲田大学競走部駅伝監督)だった。高校時代に1万メートルの日本ジュニア記録を樹立。こちらも将来を嘱望された逸材だった。
 一方、櫛部もこの年は全日本インターカレッジ1万メートルで優勝するなど好調だった。それだけに、悔しさもあった。レース前に、2区起用を直訴する櫛部に瀬古コーチは、
「こだわるな。お前は2月に(別府大分毎日)マラソンもある。優勝のために1分離してくれ」
 と、全幅の信頼を寄せる愛弟子を説き伏せた。
「大学2年の夏にヨーロッパ遠征があり、そこで日本人は(1万メートルなどの)トラックで勝てないと実感したのです。持久力が長所で、スタミナ型の私が目指すのは、やはりマラソンだと思っていましたから・・・」
 そして、4年生の時、櫛部はラストの箱根に9区で出場。それは、2区と同じコースを逆から走る復路に当たる。トップの山梨学院大とは2分28秒差、エース櫛部に逆転劇の期待がかかるも、15キロ地点で59秒差まで詰め寄るのが精いっぱい。両足のマメも影響し、残り5キロから急ブレーキとなり、連覇の夢がついえた。
 箱根駅伝で区間新も出し、総合優勝も経験した。しかし、櫛部は“花の2区”で勝つことはなかった。それが、その後の競技人生に影響を及ぼすのだった。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
4
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
5
「四大陸選手権優勝」宇野昌磨、ファンをキュンキュンさせた「疲労困憊」画像!